himag

ハッとしたことをサッと書くスマホ時代のライフログ!

カテゴリ:映画・映像

スタンリー・キューブリック『2001年宇宙の旅』 リヒャルト・シュトラウス『ツァラトゥストラはこう言った』の冒頭で始まる、衝撃のオープニング!断言しますが、この映画をDVDなどで見てもそのその感銘の1/10も伝わりません。100インチでもまだ足りません。もし、貴方が、 ...

ヒマナイヌスタジオ(インデックスページ)に戻る↩シリーズタイトル「山岸 伸 ココだけの話!」解説数々のグラビアアイドルを撮影してきた伝説のカメラマン山岸 伸がファッションセンス抜群のフォトグラファーである佐藤倫子をチーママに従えてスナックのマスターに!写真業 ...

Amazonプライムにある「築地ワンダーランド」は1年4ヶ月もの長期撮影を敢行したドキュメンタリー映画!れっきとした松竹映画で日本人スタッフによる映像が実に美しい!ナレーションも少なく築地という場所を社会科見学しているような素晴らしい体験が出来る映画です!登場す ...

ヒマナイヌスタジオ(インデックスページ)に戻る↩シリーズタイトル「EDGE OF JAPAN」解説私たちオリエンタリズムは「日本のカッコ良さ」を世界に広める活動をしてきました。 その中で気付いたのは、、、 意外にも「日本の皆さんが日本のことをよく知らないのではないか?」 ...

新曲なのになつかしい!そんなJ-POPが求められている感じなのか?あいみょん「マリーゴールド」もそんな感じがしましたがラジオでよく流れてくるきのこ帝国の「金木犀の夜」も似たテイストを感じます!スピッツとかの頃を思い出すおじさんです!では聞いて見ましょう!タイム ...

この夏(2018年)にめっちゃラジオでヘビーローテーションしていた曲!あまり聞きなれないアーティスト名ながらおじさんの心にもグッとくるノスタルジックな曲調と妙に懐かしい感じのギターが気になってこちらでもみなさんにご紹介したいと思います!あいみょんの「マリーゴ ...

ヒマナイヌスタジオ(インデックスページ)に戻る↩シリーズタイトル「青木が会いたい人に会う、だらだらトークナイト」解説新聞販売店が地域に密着してこれから出来る新しいことは何か?各地で新しい試みを果敢に導入している販売店のリーダーを招きタイトルとは逆の熱い議 ...

「ラ・ラ・ランド」で一世を風靡したエマ・ストーン!いいですよね!スパイダーマンあたりから「面白い女優だな?」と思ったら「バードマン」で強烈な個性を放ち「ラ・ラ・ランド」でブレイク!ちょっと爬虫類系の顔なのにカワイイ!日本だと菅野美穂顔ですね!では動画をど ...

ヒマナイヌスタジオ(インデックスページ)に戻る↩シリーズタイトル「動く人間図鑑」解説ヒマナイヌスタジオ主催の川井拓也が自らホストをつとめる名物番組!個性的でチャーミングなゲストとサシ呑みしながら対談します。画面に写っているホストとゲストの2人しかいないスタ ...

以下の利用規約は、お客様と Apple との間に締結される契約 (以下「本契約」という) です。 本契約をよくお読みください。 本契約を理解して了承したことを確定するには、「同意する」をクリックしてください。サービスの概要メディア、アプリケーション (「App」)、その他の ...

ゲストライターのmclean chanceです。韓国の映画監督で、世界的にも評価が高い、ホン・サンスが恋人と言われる、キム・ミニを主演とした映画を続々と撮ったのですが、それが2018年に一挙に公開されるという痛快事がありまして、『アバンチュールはパリで』以降の彼の作品は日 ...

ヒマナイヌスタジオ(インデックスページ)に戻る↩シリーズタイトル「STINGER TALK LIVE」解説モータースポーツジャーナリスト山口 正己がホストのシリーズ番組!レジェンドクラスの大物から現役のレーサーまでクルマとレースと人生模様について白熱した対談が繰り広げられ ...

ヒマナイヌスタジオ(インデックスページ)に戻る↩シリーズタイトル「モトコの部屋」解説建築、都市、まちづくり、ソーシャル、コミュニティ...... パブリックマインドで充ち満ちたゲストたちとユルくアツーくお届けする生配信トーク番組「モトコの部屋」ホスト田中 元子( ...

ヒマナイヌスタジオ(インデックスページ)に戻る↩シリーズタイトル「JJの部屋 by AXELERATA」解説JJ(河上 純二)による軽快な進行とトークが楽しいシリーズ!ユニークな経歴を持つ個性的な起業家を取り上げていく。ホスト河上 純二(フリーランス)、及川 真一朗(AXELERA ...

超個性派の名女優である樹木希林を語る上ではずせない作品が1974年のテレビドラマ「寺内貫太郎一家」であるがAmazonプライム・ビデオでは見ることが出来ない。何がスゴイってこの時、樹木希林はまだ30すぎなのに70の役をやっているということ!しかも実年齢で年下の小林亜星 ...

なんぞこれ!面白そうやんけ!10月12日に試写があるらしい!ローソンでチケット買えるらしいぞ!詳細はこちら!全裸監督 村西とおる伝 [単行本]本橋信宏太田出版2016-10-18禁断の説得術 応酬話法――「ノー」と言わせないテクニック (祥伝社新書) [新書]村西 とおる祥伝社201 ...

Amazonプライムビデオに有料ながら吹替版と英語版がある「レディ・プレーヤー1」をコータと見た。実は劇場公開時に見過ごしてしまったので1周遅れなのだが楽しく見られた。英語版も見たが映像情報量が圧倒的に多いので吹替版で見たほうが楽しめるタイプの映画だ。「レディ・ ...

東京メトロのトレインビジョンでやっているCMは東京ローカルですから全国区にもご紹介したい!というわけで今日は石原さとみちゃんです!このCMすごく編集がいいな!と思っているんですが絵コンテどおりに編集しているというよりはOKテイクの前後何じゃないか?というような ...

ラッキー池田が振り付けをしている東京ガスのCMをトレインビジョンで見かけます。本編CMはそれほど面白くないのですがトレインビジョンではその冒頭に深キョンのインタビューがくっついてるんですね!CM本編ではあまり見えないポニーテールが横アングルで撮られているので可 ...

これ東京メトロのトレインビジョンでよく流れているCMなんです。オリンパスの内視鏡などの基礎技術PRのCMなので地味ではあるんですが宮崎あおいの表情に惹きつけられます!驚き、不安、気遣い、安堵を数秒のカットで見事に演じ分けていてさすがトップ女優!美人なだけのCMタ ...

子どもがいる家庭の9割は朝の7時から8時までEテレをつけているのではないでしょうか?その中でも「デザインあ」はずば抜けたクリエイティブでいつもくだらないゴシップや暗いニュースを映しているリビングのテレビを美術館クオリティのサイネージに変えてくれます!日本の紋 ...

毎晩のようにヒマナイヌスタジオからオリジナル対談コンテンツをお届けしていますが、夜がスタジオワークになると自分自身の映像インプットをする時間が少なくなっていきます。そこで自宅の仕事場のレイアウトを改造して事務作業中や映像編集作業のエンコード待ちの時にNetfl ...

上田慎一郎『カメラを止めるな!』 東京都心部は平日でもこんな感じらしいです。当初はたったの2館しか上映していなかったのですが、連日満席となり、とうとう、現在は全国100館を超える上映となってしまった作品。本作は、実際見ることによってビックリドッキリという、言 ...

アンリ・コルピ『かくも長き不在』 やっと見ることができました。VHSもないし、DVDにもならないし、映画館で上映しないの三重苦作品のトップと言ってよい作品がとうとうDVDになった事に快哉を。7月14日のパリ祭(このような言い方は日本だけです。ルネ・クレールの映画の邦 ...

チョン・ビョンギル『悪女』 いきなりこんな映画です(笑)!私はほとんどゲームはやらないんですが、『バイオハザード』という作品がありますよね?本作の冒頭は、あの目線でずっとノーカット(実際は巧みにつないでいるかもしれませんが、見た目はずっと一つのキャメラ ...

先週末にライブを見てからすっかりファンになって奥田民生さんの曲を聴きまくってます!で、YouTubeを漁ってるときに見つけたのが公式チャンネルのカンタンカンタビレ・シリーズ。民生さんがほぼ1人で宅録、ミキシングして1曲仕上げるという連載(連投?)です。仕上がった ...

古い映像が大好きな人はNHKアーカイブスのFacebookアカウントを「いいね!」してありますよね?ここは定期的に古いニュース映像がアップされるので映像考古学として面白いです!今回ご紹介するのは「タバコをめぐる人々」というニュースです。タバコの値上げに伴い庶民がタバ ...

テレビって外部入力になっててレコーダーをメインに使ってる人多いですよね?うちは子どもは録画したアニメや海外ドラマを見るんですが嫁はテレビをリアルタイムに見ることが多いんですね。でもレコーダーのリモコンがよく使うボタンがへたってしまい効きが悪くなってきたん ...

お久しぶりです。ゲストライター西口です。いつも昼食時はamazonプライムビデオでお気に入りを見つけては観ているのですが、今は海外ドラマ「シリコンバレー」のシリーズに(今更のように)ハマっています。どういうドラマかざっくりとお伝えしますと、、、シリコンバレーで ...

ゲストライターのKNNポール神田 クアラルンプールからです!是枝裕和監督の作品の描く、『家族』は常に飯櫃(いびつ)な『家族』だ。しかし、そんなに非日常的ではなく、誰にでも起こりうる可能性のある『家族』を見せてくれる。日本では、ずっとそんな印象だったが、クアラル ...

絵本の映画化と聞いて牧歌的なほのぼのストーリーを想像して行ってみたらこれ「ランボー怒りの脱出」並にハードコアじゃねーか!パパを隣人にミンチにされたピーターがリベンジを誓い隣の畑を奪還する!もうシンプルな復讐の物語!秀作「パディントン」は大人向けにちょっと ...

S. S. ラージャマウリ『バーフバリ 王の凱旋 完全版』 バーフバリの後編がとうとうインドでの公開と同じ完全版として公開されました! 国母!いやー、映画館で見ましたけど、この作品は、映画館で見ないとダメですね。 心底そう思いました。 この完全版上映は、実は、前 ...

マーティン・マクドナー『スリービルボード』 町外れの誰も見ないような広告板でした。なんとなくショービズの内幕描いた作品みたいなタイトルですけども、ビルボードの本来の意味、野外に建てられている大きな広告板の事で、それが、それがミーズリー州の小さな町で3つの ...

大林宣彦『HOUSE』 映画のイメージ画。こういうキャッチーな見せ方が当時の日本映画には、ほとんど皆無の才能でした。大林監督の商業映画としてのデビュー作。彼の自由な感性とテクニックがここまで爆発した作品は他にはないのではないか。というくらいに自由自在に描かれた ...

デイヴィッド・リンチ『Twin Peaks : Fire Walk with Me』 テレビシリーズ後半への怒りの表明でしょうか。この後、テレビを思いっきり破壊します(笑)。邦題は本作の内容を的確な表しているとは言い難いので、原題のままで。コレ、公開当時に見た時は、正直、アタマを抱え ...

高畑勲『太陽の王子 ホルスの冒険』もう、「の」が多いです。 監督高畑勲、作画監督大塚康生、場面設定宮崎駿、原画小田部羊一(ハイジのキャラクターデザインと作画監督の方です)という、今となっては信じられないような陣容で作られた、伝説の作品。音楽はなんと、間宮芳 ...

「宇宙家族ロビンソン」のリメイクであるNetflixオリジナルシリーズ「ロスト・イン・スペース」が2018年4月13日に公開されたので全話一気に見ました!面白かった!元ネタのテレビシリーズも1968年なのでちゃんと見てる人は少ないんじゃないでしょうか?Wikiを読んでいる限り ...

その後の「ターミネーター」でありカリフォルニア州知事となるシュワちゃんの初期作品である!ほとんど「ブッシュマン」じゃねーかよ!という牧歌的な展開が実にほのぼのしている。父のゼウスに「同じ顔ぶれとの生活にはもう飽き飽きだ!」と啖呵を切って下界である地球に降 ...

新学期がはじまったコータがまだ午前中授業なので「午後これどう?」と予告編を見せると「知ってる!これ!行くー!」と言うので行ってきました!ロビン・ウィリアムスの「ジュマンジ」のリメイクですがふつーに面白かったです。「キングコング 髑髏島の巨神」ほどの衝撃も「 ...

デイヴィット・リンチ、マーク・フロスト『Twin Peaks』(2017)  【第3部 ジュディ】 まさか、『ツインピークス』の続編が作られるなんて、思いもしませんでした。しかも、クーパー捜査官が、「ボブ」に乗っ取られたまま、25年が経過した後を描いているのも、心底驚きまし ...

S. S. ラージャマウリ『バーフバリ 王の凱旋』 カッタッパがなぜ、アマレンドラ・バーフバリを殺さなくてはならなかったのか?が回想としてまだまだ続きます。 ※若干前編の重要なポイントをネタバレさせてしまうので、前編を見てない方がご覧にならないように。 バーフバ ...

アルフレッド・ヒチコク『ダイヤルMを回せ』 電話などの小道具の使い方が実にうまい作品です。 ヒチコクのワーナー作品。レイ・ミランドがほとんどジェームズ・スチュアートに見えるのですが、それは、ヒチコクがそういう記号的な役割を主演にさせているという事なのだと思 ...

https://youtu.be/y9a_BDHIoAI名曲のオープニングですね。1970年代から80年代にかけて、フジテレビで『ひらけ!ポンキッキ』という番組を見ていたのは、だいたい1970年代生まれの人たちだと思いますけども、番組の、細かい部分は覚えてないんですが、コーナーのつなぎの20秒 ...

ジェイムス・アイヴォリー『日の名残り』 スティーヴンスが仕えるダーリントン卿の邸宅。 ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ(彼を日本と結びつけて考えても仕方がないと思います)原作の小説の映画化です。「マーチャント・アイヴォリー・プロダクション」による ...

『Empire』シーズン2 株主総会でのクーデタで、ルシウスがCEOを解任され、三男ハキームとなると、タイトルがコレに変貌します。 逮捕→無罪放免(ホントは違いますが)→CEO解任→復帰と、主人公ルシウスが本宮ひろ志のマンガ並みに大変な事になっているシーズン2ですが、 ...

クリント・イーストウッド『15時17分、パリ行き』 ※公開されたばかりの作品ですので、絵は載せません。あしからず。  2015年8月21日、アムステルダムからパリに向かう高速鉄道タリス内で実際に起こったテロ未遂事件についての映画化で、ここのところ、イーストウッドは実 ...

↑このページのトップヘ