「ヒマナイヌスタジオ」は対談と鼎談(ていだん=3人が向かい合って話すこと)に特化したマルチカメラ収録&配信スタジオです。

ふつうのスタジオは案件によりカメラ位置を決めたり背景を変えたりしますが「ヒマナイヌスタジオ」はカウンターバーのセットを中心にF2.8以下の単焦点レンズを装着したマイクロフォーサーズカメラを5台常備し徹底的に絵を作り込んであります。
001
機材の存在感を極力消しながらレンズや照明と背景を工夫することでシネルックな映像を実現しています。イマジナリーラインを考慮した絶妙な4つのアングルが7秒ごとに自動でスイッチング(カメラの絵が切り替わること)で切り替わりその映像を収録・配信できます。

MCカメラアングル(2カメ)
カウンターにはMCとして進行役が入ります。色合いを考慮した背景セットから120mm/F2.8のシグマ単焦点レンズにより表情と仕草が鮮明に浮かび上がります。MCはバー型の場合はスタンディングでスナック型の場合はカウンターチェアに座って対談を進行させます。

(ここで使用してる画像は写真ではなく収録中の動画をHD解像度でキャプチャーしたものです。敬称略。)
ヒマスタ写真フレーム用04
モトコの部屋」MC:田中元子株式会社グランドレベル

ヒマスタ写真フレーム用06
まちサポ」MC:川井 拓也株式会社ヒマナイヌ

ヒマスタ写真フレーム用02
STINGER TALK LIVE」MC:山口 正巳(モータスポーツジャーナリスト)

IMG_8524
流通トークライブ」MC:鈴木 敏仁(経営コンサルタント)

IMG_0594
神田を面白がる会」MC:北山 幸朋(不動産コンサルタント)

IMG_8378
ラジオ番組 ポイントホープ」MC:Reiko Okubo(アートプロジェクトプロデューサー)

ゲストカメラアングル(1カメ)

カウンター席にお客として座るゲストの背景には関連するポスターを貼ったりプロジェクターでアンビエントなモーショングラフィックを投影できます。MCと同じ120mm/F2.8のシグマ単焦点レンズによりゲストの表情と身振り手振りをダイナミックに捉えます。

ヒマスタ写真フレーム用01
STINGER TALK LIVE」ゲスト:ロニー・クインタレッリ(SUPER GTプロドライバー)

ヒマスタ写真フレーム用05
山下ミカのこの話がしたい!」MC:山下ミカLIM LLC
IMG_2218
モトコの部屋」ゲスト:連勇太朗(モクチン企画

IMG_8379
流通トークライブ」ゲスト:矢矧 晴彦(経営コンサルタント)

IMG_8366
ラジオ番組 ポイントホープ」ゲスト:片桐飛鳥(フォトグラファー)

IMG_0054
ラジオ番組 ポイントホープ」ゲスト:玉井夕海(女優)・芋生悠(女優)

この1カメと2カメによる基本的な切り返し2アングルに加えゲスト用には3つめのカメラアングルを2種類からお選びいただけます。(同時に使うことは出来ません)

ゲストカメラアングル(3カメ・Aアングル)
MCの肩越しから120mm/F2.8のシグマ単焦点レンズを使う場合はゲストの表情を正面から捉えます。背景にあるテーブルにスタジオ観覧者を入れる場合(出演者以外に12名まで入れます)は背景に人の動きが加わるので活気あふれる飲食店のように映像になります。観覧者を入れない場合は背景を黒く落としたり照明を使って色を加えることも出来ます。
IMG_9158
STINGER TALK LIVE」ゲスト:ヒロ松下(レーサー・実業家)

IMG_0018
STINGER TALK LIVE」ゲスト:柿元邦彦(ニスモ総監督)

ゲストカメラアングル(3カメ・Bアングル)
カウンター中央から50mm/F1.4のライカズミルックスを使う場合はゲストの表情や手の動きがダイナミックに伝わります。カメラからゲストの距離はわずか30cmなので視聴者は本当にゲストの人とサシ飲みをしているような錯覚に囚われます。

ヒマスタ写真フレーム用03
モトコの部屋」ゲスト:デイビット・シム(ゲールアーキテクツ

IMG_3603
櫻井浩昭の“人・人・ばなし」ゲスト:田中和彦株式会社コミュニティ・ラボ

IMG_0519
神田を面白がる会」ゲスト:唐品 知浩(オモシロガリスト)

IMG_6066
ラジオ番組 ポイントホープ」ゲスト:芹沢高志(ディレクター)・羊屋白玉(劇作家・演出家)

全体カメラアングル(4カメ)
4つめのアングルはカウンターを中心としてMCとゲストを同時に捉える引きの30mm/F1.7のライカズミルックス単焦点レンズです。ミニ黒板で対談のタイトルを配置したりゲストの著書やチラシなどを見やすい位置に配置することが出来ます。ライブ配信をする場合にそれが「今」であることを強調したい場合はブロック型カレンダーやアナログ時計などを配置することも出来ます。

IMG_8346
「流通トークライブ」

音声はゼンハイザーの2.4Ghzデジタルワイヤレスマイク「AVX」を使います。ピンマイク(ラベリアマイク)なのでMC、ゲストの口元に近く非常にクリアな音声で収録できます。

これらのシステムはライブ配信の第一線で活躍しているヒマナイヌ川井がコーディネートしており「高画質・高音質と機材の存在感のなさを両立させる」システムとして全国各地の配信スタジオに影響を与えています。(蒲田、筑波京都、さろべつなどにヒマスタ型のスタジオが続々と誕生しています)

「ヒマナイヌスタジオ」最大の特徴はローランド「VR-4HD」の自動スイッチング機能を使うことでスタッフゼロで収録と配信が出来ることにあります。最初のセッティングと機材調整が終わって収録と配信がはじまったあとはスタジオ内は出演者だけになります。スタッフがいないことで番組収録としての対談は時間がたつとともに飲食店での気のおけない友達との会話のようになっていくのです。

実際の動画サンプルをご覧になりたい方はこちらをどうぞ!
003

撮影スタジオとは思えない環境を用意することで出演者の方のナチュラルな表情を引き出したい!それが「ヒマナイヌスタジオ」が目指す世界なのです。

料金プラン
この「ヒマナイヌスタジオ」を多くの個人の方に使っていただきたいと思い可能な限りリーズナブルな料金体系にしました。入室から準備、収録&配信、撤収の2時間パックが時間帯別に4コースあります。

ヒマスタ料金表201805ver
法人とは収録した映像を商業利用する目的の場合です。ライブ配信はせずに収録だけを行うことも可能です。ゲストのためにヒマスタ手前のシェアラウンジを控室として独占的に使用(別料金)することもできます。Webメディアや雑誌の対談収録やインタビュー収録などにお使いいただけます。

自分の対談番組を持ってみたい!という方にもっと気軽にご利用いただけるように多様な割引プランをご用意しました。
ヒマスタ割引メニュー修正

「コンテンツ割」
対談の全編をヒマスタFacebookページから同時配信し広報利用を承認いただける場合のプランです。

「家族割」
親子対談・姉妹対談・兄弟対談など家族でご利用の場合のプランです。

「学割」
中学生・高校生・大学生の場合のプランです。ただし社会人大学院生は除きます。

「ご近所割」
千代田区に在住、もしくは在勤の方がご利用の場合のプランです。ただしゲストは除きます。

「旅人割」
ヒマスタから直線距離で100キロ以上離れた場所から起こしいただく場合のプランです。ただしゲストは除きます。

「レギュラー割」
2018年4月以降、初回の番組から半年以内に同じ対談シリーズで4回以上ご利用いただいた方は1回無料でご利用いただけるプランです。

料金改定のお知らせ

2018年9月1日より新料金体系となります。2018年7月27日までにお申し込みいただいた9月以降の予約分に関しては2018年5月版の料金体系でご利用いただけます。

2018年9月よりA.B.Cの時間帯のコンテンツ割を廃止、代わりにB.Cの基本料金を値下げしました。

ヒマスタ料金表201809-ver2

低価格の秘密
2時間のマルチカメラ収録システムによるライブ配信と高画質なHD映像の録画が10000円からという設定は破格です。一般的な美容院やマッサージ並の価格で高画質なライブ配信と収録映像が手に入る秘密は何か?

低価格を実現するために機材やカメラはすべて最適化された場所にあらかじめ設置し電源オンで使えるようにしてあります。案件ごとにカメラアングルを変えたり位置を変えたりすることは出来ません。人物が座る位置も照明・レンズ・背景がもっとも美しくなるように調整されているので変更は出来ません。出演者が何も持たずにヒマスタに来ても30分後には収録と配信をはじめられます。カメラや配信機器の設定は最初だけなので本番中はスタッフはいません。この最適化によりクオリティを担保しながら誰もが対談番組を持てる低価格を実現しています。「徹子の部屋」のように自分がMCとなって知りあいや気になる人をゲストに呼びたい!そんな欲望を叶えるのが「ヒマナイヌスタジオ」なのです。

収録当日のイメージ
入室後に打合せ、ピンマイク(ラベリアマイク)の装着、照明の調整、背景や小道具の調整、カメラアングルの調整は標準的には30分かかります。2時間パックでは1時間の対談番組が収録&配信できるとお考え下さい。A.B.Cに関してはその後の予約が入ってない場合は延長も可能です。Dは最大24時まで延長可能です。

005

収録と配信
「ヒマナイヌスタジオ」は収録と配信の機能があります。収録はPanasonicの業務用レコーダー「HMR-10A」でSDHCカードにAVCHD形式で録画します。(バックアップレコーダーはBlackmagic Video Assist ProRes形式)配信のみ、収録のみにも対応します。リアルタイムに自動スイッチングされた映像が記録されるので終了時にSDカードのデータをコピーして納品します。パソコンをお持ちでない場合はギガファイル便などで転送納品いたします。

ライブ配信はハードウェアエンコーダーとしてCerevoの「LiveShell X」と「LiveShell PRO」を使いますのでご自身で配信したいチャンネルのrtmpサーバーをご指定下さい。(YouTubeLive/FacebookLive/Showroom/Ustream/ニコニコ動画などに配信できます。 *periscope及びLINE LIVE縦には現時点では対応しておりません)

座談会の場合
出演者が3人以上になる場合はこのようなレイアウトとアングルで対応いたします。
002
004
ご予約方法
こちらのスケジュールで右上のメニューから「週」表示に切替ご希望の日にスタジオが空いているかご確認のうえで「◯月◯日のAコースをコンテンツ割で予約したいです!2人の対談で3カメはAアングルでお願いします!」のようなカジュアルな形式でヒマナイヌ川井までFacebookメッセージをお送り下さい。(メールや電話での受付は行っておりません)



スタジオ見学や公開収録なども頻繁に行っていますので「ヒマナイヌスタジオ」のFacebookページをぜひ「いいね!」して下さい。皆様からのお問合せお待ちしております!

ヒマナイヌスタジオ所在地
101-0048 千代田区神田司町2-19 司3331-101(1階ギャラリー奥)
地図GoogleMap

以上、神田司町にあるヒマナイヌスタジオからお送りしました!
(このページは継続的にアップデートしていく予定です)

最新情報

news_top_180330_himanainu

4月17日(火)に半蔵門にあるSYSTEM5でセミナーを開催しました。これを再現した動画がありますのでご興味ある方はどうぞ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr