これは成田発デリー行きのB787の窓から撮ったタイムラプス動画です。前半は大阪から瀬戸内海や島根のあたりのカタチがよく見えると思います。

旅の思い出を圧縮するのにタイムラプスはぴったりです!寝てる間の飛行機からの風景もあとでゆっくり見直すことが出来ます。

ただ、従来の飛行機だと周りが窓のシェードを閉める時間にタイムラプスを続けるために自分だけシェードを開けておくのは光が漏れて周りの迷惑になります。

ところがスマートガラスのB787だと大丈夫なんですね!

この最新機種は物理的なシェードがなくボタンでガラスの色を変えることが出来るんです。離着陸の時は自由に変えられて、乗客に寝てほしい時間帯は強制的に色が変わって濃くなるんですね。

でもサングラスみたいなものなので、いちばん色が濃くなっても外が見えるんです!だからタイムラプスしていてもそのまま見えます。ありがたい!

このタイムラプスはカシオの ZRシリーズで撮ってます。4時間以上バッテリーも持つしシャッター音もしません。軽いから吸盤で気軽に飛行機の窓に固定できます。次の旅行で試してみてはいかがでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr