保育園というのは親が迎えに行きます。安全上ひとりで子どもが帰ってくることはありえません。保育園の先生は親を目視して子どもを引き渡します。なので自転車や徒歩でパパかママが迎えに行くわけです。

小学校に入学するとこのフローが変わります。共稼ぎの家の子は放課後は学童に集団で移動します。そこで親が帰ってくる時間帯まで過ごします。学童からはひとりで家に帰ってきます。つまり親が迎えに行くというのは保育園までで、小学校からは学童が送り出して家に着く時間、6時すぎに家にいて帰ってきたら鍵を開けてあげるという流れになります。 

我が家では週の半分をママが、半分をパパが家にその時間にいられるように調整します。

ピンポーンとチャイムを鳴らしたときに「おかえりー」と言ってあげるわけです。うちは賃貸の一軒家なので2階のリビングの窓から声をかけます。「鍵あけてあるよ〜」と。そこでドアを開けて2階に上がるまでに何か欲しいと思い、玄関のドアに100円ショップのホワイトボードをかけてみました。

ホワイトボード用のペンで書くのはめんどくさいので(消すのが)ポストイットでメッセージを書くことにしました。今夜はカレーだよ!とかそういうたわないメッセージです。

パパは文化担当大臣なので新しく借りてきたDVDのタイトルなどを書いておきます。今日はワイルド・スピード スカイミッションの興奮も冷めやらぬ時期なので旧作のワイルド・スピードを借りてきました。パパは昨夜ビール飲みながら見てそこそこ面白かったのでコータにも薦めてみます。 

なんてことはない仕組みなのですが、コータがここに何が貼ってある日はパパだ!とわかるので毎日楽しみにしながら学童から帰ってきてくれればいいなぁ〜と思ってます。(ママにも提案しましたが却下されました。。)

ここまで書いてポストイットならホワイトボードいらねーだろ!って自分で思いました。。おしまい!