ウルトラマンやウルトラセブンはもちろんのこと、初期のバルタン星人、レッドキング、ピグモン、ミクラス、エレキングなど時代を超えて愛される怪獣をデザインした人が青森出身だって知ってました?

しかも当時はテレビ黎明期。キャラクターライセンスなどもザックリしてた時代でデザインした成田亨氏は円谷プロを離れたあとまったくライセンスフィーをもらえなかったそうです。このあたりかなりの怨念があって興味ある人は調べてみてください。

YouTubeやネット配信のおかげで過去のコンテンツも自由に見られるようになった現在では、子どもにとって妖怪ウォッチとウルトラセブンの間になんの時空の隔たりもありません。面白いものは面白いのです。

パパは底抜けに明るいウルトラマンが好きなのですがコータはちょっとダークでミステリアスなウルトラセブンがお気に入りです。机の前にはパパが青森県立美術館から買ってきた特製ポストカードが貼ってあります。

この青森県立美術館で大規模な成田亨展が行われるということで、今日は14時から村上隆氏が講演を行うそうです!これはナイスなキャスティング!青森県の人は調べて行ってみてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加