ライブ配信に使える道具に関する自分用のメモ。XCAPTURE-MINIはHDMIからの入力信号をSDカード録画するための機器。LiveNinjaでは主に静止画キャプチャー用に使っている。

電源はUSB二股ケーブルで供給。電源ボタンはなく挿せば数秒で起動。右にHDMI入力、左にスルーアウトがある。本体は小さく場所はとらない。付属の自爆ボタンはJPEG端子に挿せば静止画キャプチャーに、MOVIE端子に挿せば動画の録画と一時停止となる。アプリはなくてすべての設定は電源投入時のボタンの組合せとなる。ATEMからの1080i信号で動作確認済み。

1)サイレントモードにしたい場合=JPEGボタンを押しながら起動
2)インターバルモードにしたい場合=MOVIESボタンを押しながら起動
3)サイレントでインターバルにしたい場合=両方のボタンを押しながら起動
※2の場合は最初と最後にピッ!と音がする。

背面にSDカードスロットがあり32GBまでのSDHCが使える。SDXCは非対応。カードはFat32にフォーマットしておく必要がある。静止画の場合はそこにDCIMフォルダができてHD解像度のjpgがIMG_0094.jpgのようなファイル名で保存される。画質はふつー。C285にあった下1ピクセルに緑のラインが出るようなことはない。http://www.micomsoft.co.jp/xcapture-mini.htmこのサイトに説明書がない。ダウンロードもできない。ので使い方をノートに記録しておく。