代々木八幡って代々木上原や代々木公園など代々木のついた駅多いから武蔵なんちゃら系みたいに馴染みのない人にはよくわからんエリアだと思うんですが久しぶりに行っていろいろ思い出しました。

このエントリー、ただの個人的な回想記なのでなんら情報として価値はないことをあらかじめお断りしておきます。

1999年くらいでしょうか?なんかのイベントでアーティストの松陰さんの事務所に行ったのが代々木八幡の最初の記憶です。そこで出会った谷崎テトラさんとはその後も数年に1回なんかご一緒する感じなのですが、このエリアは感度高めのオルタナティヴなクリエーターの秘密基地が多い印象でした。

2000年代初頭にドコモがFOMAを出した頃、とあるケータイサイトの編集長をやったのですがその編集部が富ヶ谷にあり毎週通いました。渋谷系の情報を発信するサイトだったので自分も神泉に3万くらいの下宿みたいな部屋を借りたのですが、渋谷とは馴染めないまま終わりました。

ジャーマンホビーなんちゃらという変なプラモデル屋があったり週刊誌で泥酔の末広涼子がスクープされたampmがこのあたりにありました。銭湯も近くにあったのでよく帰りにひと風呂浴びましたね。あと今プロなんとかの編集長をしてる巨漢の業界フィクサーも神山町に住んでいました。彼は女の子以外を自宅に入れることはほとんどなかったのですが僕は一度だけあげてもらいました。ちょっと自慢です。(誰に?)

最近だとプロジェクションマッピングの映像で業界を席巻してるプロダクションがこの辺りにあり、ちょくちょく遊びに行ってるうちにライブ配信の仕事などやったりしましたね。打合せのあとに線路沿いの怪しいアパートのような建物でやっているひらがなの名前の飲み屋(思い出せない)があったんですが、恐る恐るモヒカン尊師と入ってみたらとても居心地がよく常連さんたちの一見さんに対するホスピタリティーが素晴らしかったのを覚えてます。

今日もこのあたりに事務所を構えるやり手プロデューサーに飯に誘われランチしてきました。音楽スタジオを作りたいんですがなんか面白いアイデアないっすかね!と言われ思いつくまましゃべってきましたが、俺よりそっちに近いアーティストライブやトークをシネUstでやってるサウンドエンジニアの友人がいるから今度機会があれば紹介しますよ!って締めで終わりました。

あ、ぼくネットワークが広い印象があるらしくよく相談されることあるんですが思い浮かんだひとを紹介するのは得意です。これで毎回ランチ食えたらエンゲル係数下がって嬉しいかも。というの冗談ですが、何かあればFacebookのメッセージでご連絡下さいね!おしまい!