マイケル・ウィナー『Death Wish』 最近執筆をサボっておりました、mclean chanceでございます。本作は良くも悪くもチャールズ・ブロンソンを「午後ロー役者」にしてしまった傑作/怪作ですね。とはいえ、後年の、なんの躊躇なく拳銃をぶっ放してマッドな悪党を殺しまくる作 ...