ヒマナイヌスタジオ(インデックスページ)に戻る↩

■自分のアカウントからFacebookLiveするための手順


FacebookLiveはスマホなどで気軽にすることも出来ますが以下の手順でヒマナイヌスタジオの高画質なマルチカメラシステムでの配信も個人アカウントに配信出来ます。この作業はスマホでは出来ません。パソコンのブラウザーでFacebookを開いて行って下さい。作業は配信前にすることが出来ます。配信前にすることで事前に告知することが可能になります。配信当日にヒマナイヌスタジオに来てからこれらの作業をすることも出来ます。作業時間は5分程度です。

(1)パソコンのブラウザーでFacebookを開き自分のアカウントのトップを開きます。ここに「投稿する」「写真・動画」「ライブ動画」「ライフイベント」というメニューがありますので「ライブ動画」をクリックします。
FBlive手順01

「ライブ動画」をクリックするとWebカメラの絵が写りちょっとびっくりするかもしれませんが安心して下さい。まだ「ライブ配信」は始まっていません。Facebookライブではこのような画面の右下に「ライブ配信を開始」という青いボタンが表示されます。左の画面にどんな映像が出てきたとしてもこの青い「ライブ配信を開始」を押すまではどこにもライブ配信されていませんので安心して下さい。(「ライブ配信を開始」ボタンを押すと青いボタンが赤くなり「ライブ配信を停止」に変わります。)

(2)この画面の上部の「カメラ」が青くなっています。この右にある「接続する」をクリックします。これは内蔵のWebカメラを使うのではなく外部のエンコーダーから配信映像を送り込む設定画面に移ることを意味します。ヒマナイヌスタジオではLiveShell Xというハードウェアエンコーダーで高画質な自動スイッチング映像を送り込みます。その「宛先」になる「ストリームキー」をこれから取り出します。
FBlive手順02
「接続する」をクリックするとこのような画面になります。左に白い行が2つあり「サーバーURL」と「ストリームキー」という文字列があります。この白い行の「ストリームキー」は画面解像度が低いノートパソコンなどで表示しているときは稀に下すぎて見えない時があります。その場合は画面解像度を上げるかズームツールなどを使って表示して下さい。

(3)この「ストリームキー」という文字列が配信に必要な情報です。文字列の右にある「コピー」ボタンを押すとクリップボードにコピーされますのでヒマナイヌ川井へのメッセージに「ペースト」して送信して下さい。すでにクリップボードにコピーされていますのでMacは「コマンド+V」で、Windowsは「Ctrl+V」でペーストされます。
FBlive手順03
(4)次に配信告知文動画タイトルを記述します。これは配信がスタートされる時に友達に届く投稿文です。いつも写真を投稿する時に文章を添えますよね?それと同じです。この文章は「配信内容」を理解してもらうための唯一の手がかりになります。ライブ配信はオンラインの人しか見ることが出来ませんので最初から最後まで見る人はまれで配信がはじまってから徐々に集まってきます。その際にこの「ライブ配信」を音を出して見てみようか?どうかを判断するのはこの「配信内容」を表記した文章になります。

文章のトーンは堅苦しくする必要はありません。いつも友達に向けて書いているようなあなたらしい文章がいいのです。そしてここで「シェア」を促す文章を入れて下さい。「ライブ配信」の視聴者数は「ライブ配信者」の「友達」の数の「1/100」程度です。例えば1000人友達がいる人が「ライブ配信」を告知するとその時に「オンライン状態の友達が100人」いて告知を目にするとそのうちの1/10がクリックする可能性があります。つまり「10人」です。「オンライン状態の友達」は時間によって変動しますので「ライブ配信」が1時間〜2時間と続けば「ライブ配信」に気がつく人も多くなります。

さらに「友達がシェア」してくれると「雪だるま式」にライブ配信を見てくれる人は多くなります。

右にある自分のアイコンの横にこうした文章を記述します。ここはURLなどもクリッカブルになりますのでゲストの人のWebサイトなどのURLを併記するのもいいと思います。相手のタイムラインでは冒頭文だけが表示されるので前半をカジュアルな呼びかけ文に、後半にゲストのプロフィールや配信で触れる内容などを箇条書きにするとよいでしょう。

文字の記述項目の下にある「人のアイコン」は出演者の人をタグづけすることが出来ます。「場所アイコン」には「ヒマナイヌスタジオ」をつけていただければ幸いです。(ヒマナイヌと入力すると「株式会社ヒマナイヌ」も出ますが「ヒマナイヌスタジオ」をタグ付けして下さい)
FBlive手順04
(5)動画タイトルを記述します。ここは「ライブ配信」が終わったあとの動画の「タイトル」になる部分です。簡潔に「番組タイトル」(ゲスト:○○○○)などの表記がいいでしょう。

(6)配信の予定日時を指定します。右下にある「配信開始予定時刻」から日付と時刻を指定します。例えばヒマスタをD枠で借りている場合は19:00に入室して準備に30分かかりますので配信開始時刻は19:30にします。この開始時間はあとでも変更可能ですが最初から余裕を持った開始時間にしておくほうがいいでしょう。

右にプレビュー画面が出ますがデフォルトではそのアカウントのカバー写真が引用されます。配信番組のイメージと違う場合は左下にある「カスタム画像」の部分から「画像をアップロード」をクリックして配信番組の内容がイメージしやすい画像をアップしましょう。

(7)記述が終わったら右下にある「予約日時を指定」をクリックします。
FBlive手順06
(8)「予定日時を指定」をクリックすると自分のタイムラインに「ライブ配信予定」が投稿されます。その投稿の右上の「・・・」をクリックして「投稿を編集」を選択すると投稿内容の修正をすることが出来ます。
FBlive07
(9)自分の友達に「ライブ配信の予定」を告知したい場合は下にある「シェアする」をクリックして投稿します。この投稿はライブ配信のある週は毎日朝と夜にするくらい告知したほうがいいでしょう。この投稿を見た人が「リマインダーを設定」をクリックすると配信3分前にリマインダーがアプリやブラウザーに表示されるようになります。
FBlive08
(10)自社サイトやブログにライブ配信の動画をエンベデッドしたい場合は「・・・」メニューから「埋め込み」を選択します。デフォルトでは横500ピクセルの動画としてタグが表示されます。その他のサイズにしたい場合はタグの文字列の下にある「詳細設定」をクリックして任意の横サイズを入力して希望するエンベデッドコードを取得して使って下さい。このタグで貼り付けた場合配信前はリマインダー、配信開始後はライブ配信動画、配信終了後はアーカイブ動画になります。

FBlive09

(11)ライブ配信当日は上記の設定を行ったパソコンをヒマナイヌスタジオにお持ち下さい。(同一のパソコンである必要はありませんが普段Facebookにログインしているノートパソコンをお持ち下さい。ヒマナイヌスタジオのノートパソコンで同じ作業をしていただくことは可能ですがいつも使っていないパソコンでのログインにはコードジェネレーターなどの確認プロセスが入る場合があります。)

(12)「ストリームキー」を事前にヒマナイヌ川井に送っていたとしても最終的な「ライブ配信の開始」はこのFacebookアカウントにログインしたパソコンでしか押せません。当日の準備段階でヒマナイヌスタジオのハードウェアエンコーダーからご指定の「ストリームキー」に対してライブ動画を送出しますので確認後に「ライブ配信の開始」を押して番組をスタートさせます。

以上が自分のタイムラインにヒマナイヌスタジオからの4カメ自動スイッチングのライブ配信動画を配信する手順です。