あ!49インチのBRAVIAが6万!いいじゃん!

いつも通る商店街の家電王は必ずチェックしているのですが中古のいい感じの4Kテレビを見つけました!

うちのライブ配信システムはHDなので4Kである必要はないのですが、テレビというのはパネルの世代が新しければ新しいほど画質がいいものです。

今回さらにいいな!と思ったのはフレームが珍しいシルバーであること。

テレビってほとんど黒いフレームなんです。店舗空間にTVをつけるとわかるんですが、黒いフレームって意外と威圧感があるんです。

だからいつも白いフレームのテレビが出てきないかチェケラッチョしているのですが今回はビンゴ!

リモコンもNETFLIXやAmazonPrimeボタンがついてるやつなので頼もしい感じ。早速現金でゲット!10キロだったので手で抱えてスタジオまで持って帰りました。汗だく!

IMG_3227

これまでカウンター上につけていたのは2015年製の32インチ白いフレームのAQUOSです。

これも家電王で3万くらいで買ったやつだったかな。ヒマスタ高円寺を作り始めた頃に買ったのでかれこれ2年は使ったでしょうか。

新潟の粟島から泊まり込みで家具を作ってくれていたはやしさんと一緒に運んだのもいい思い出です。

IMG_3229

このAQUOSは不思議なデザインのテレビで下に大きなスピーカー開口部があったんですね。かなり低重心でした。それを活かしてカウンターの上に置いて斜めになる上部を金具で抑えるという設置方法で固定していました。

IMG_3228

今回の49インチBRAVIAと比べると小さいのがわかります。

IMG_3236

このAQUOSはさすがに古くて解像感含めた画質はあまり気に入ってなかったんです。外部入力のHDMIから入力すると電源を入れるたびにシネマ設定してあったのがPCモードになるのも不満でした。

でも捨てるのももったいないし人に譲るのも時間かかるしめんどうなのでBRAVIAを買った家電王に買い取ってもらうことに。査定額は4000円でした。その後店頭を覗いたら19800円で売られてました。

中古家電の原価率は20%なんですね!

さて、次は大きくなったモニターをどうやってカウンター上に固定するかです。棚にすっぽりとは入りません。大きくはみ出るスタイルになるので壁掛けテレビスタンドを探します。

BRAVIAの背面のマウントの間隔は20cm

固定するカウンター棚の壁面からテレビまでの距離はだいたい30cmくらい。見やすく角度をつけるとすれば35cmくらいです。

ヨドバシのアプリで探してみるとハヤミのこのあたりの金具が良さそうです。
iShop

在庫のあるアキヨドにこれから行ってきて計測しながら選ぼうと思います!

(続く)


このエントリーをはてなブックマークに追加