映画でよく「爆音上映」って聞くじゃないですか?いつもの上映より音が大きいイメージですよね?
そこでうちも「爆音酒場」を打ち出そうと思います。「爆音酒場」って「クラブ」なんじゃないの?ってツッコミもあるかもしれませんが、あくまで「酒場」というイメージが大切なのです。

高円寺三角地帯もテスト的なBAR営業を重ねてきましたが通常のBGMレベルだと当たり前ですが会話が出来ます。だからカウンターBARだとお客さんとマスターやお客さん同士の会話がメインになるわけです。BGMの音楽は言ってみればそのムードつくり。JAZZやボサノバなどの心地いい音楽をセレクトしていました。

「爆音酒場」は違います。これは音楽が主役なのです。

三角サラウンドを使って会話出来るギリギリまで爆音にチューニングしてあります。家では絶対に聞けない大音量です。これもテスト営業してみたのですが大声を出さないと隣の人とも会話出来ないんです。これが実に面白くて話しているだけで相当な声量が必要になるのでまるでカラオケをしたあとみたいな疲労感が残ります。日常って意外と大きな声で話すってことがないからこれめちゃめちゃストレス発散になるんですね!爆音で音楽を浴びながら大声で話すだけで。大きな発見でした。

BARとクラブの間くらいを狙って高円寺三角地帯は毎週「爆音酒場」を開催予定です!
詳細なスケジュールは高円寺三角地帯のFacebookページを御覧ください。

※2019年11月14日の「爆音酒場」の検索結果

スクリーンショット 2019-11-14 8.47.30