AIスピーカーもAlexaやGoogle Homeなど一通り使ってみて声で司令するのめんどくさい!ふつーのBluetoothスピーカーとスマホの組合せでいいや!と先祖返りしたという話はこちらに書きました。

仕事部屋にはEcho DotとGoogle Home MiniがあるのですがこちらもRadiko専用みたいな使われ方になっています。そこでせっかくプレミアム会員なのだからスマホのSpotifyプレイリストをもっと聞くべく新しいBluetoothスピーカーとしてANKER SoundCore Boostを買ってみました。7000円くらいです。
IMG_20190511_121745
ANKERはモバイルバッテリーの会社という印象が強いのでオーディオには期待していないのですがレビューを読むと価格の割にはいいんじゃね?系の評価が多かったので買ってみることにしました。
IMG_20190511_143005
本体は手のひらサイズでカンナくらいの大きさです。え?例えがわかりにくいって?付属品はマイクロUSBのケーブルだけというシンプルさ。
IMG_20190511_142954
一応防水モデルなので頑丈なゴムパッキンを引き抜くと端子類が見えるようになります。左のマイクロUSBが充電用の2A端子。その横がステレオミニプラグの外部入力端子。さすとAUXに切り替わりはずすとBluetoothに戻るようです。いちばん右のUSB端子はSoundCoreをバッテリーとしてスマホなどの充電するための1A給電端子として使います。
IMG_20190511_143124

初期モードでは電源ボタンオンでペアリングになります。再ペアリングは4秒長押し。NFCでペアリングの場合は本体上部の右の方をスマホでタッチします。もう一度スマホでタッチするとNFCペアリングを解除できます。
IMG_20190511_121916
ボタンは黒に黒だし電源とUPボタン以外は光らないのでわかりにくいです。再生ボタンは再生と一時停止に使い左右にプラスマイナスボタンがあり音量になっています。再生ボタンの2度押しで次の曲へスキップ。でも前の曲に戻る方法は本体にはありません。UPは商品名にもある低音のBoostボタンで光っているとオンという意味です。

バッテリー容量は5200mAhで充電時間が4〜6時間、1回の充電で12時間程度というカタログスペック。旅行などに持っていくには小さいから便利そうです。

音質は感動するほどの音でもないけど悪くもないという印象。ふつーという感じ。低音ブーストは盛りすぎという感じだけどソコソコの迫力はあります。まぁ値段の割には不満はないけど感動もないという感じです。

しばらく毎日これでいろんなジャンルの音楽を聞いてみて耳疲れしないかまたレポートしますね。

以上、Amazonからお送りしました!



このエントリーをはてなブックマークに追加