異業種交流会で名刺交換したときに肩書が多すぎて何やっているかわからない人いますよね!あれ器用貧乏な感じに見えて二流感が漂いますよね。

でも実際にいろんなことやっているんだからいいじゃないか!いやいや、相手に合わせてそのうちのひとつをプッシュしていきましょうよ。というわけで今日はとっておきの名刺術をお教えしましょう!

それがこのスタンプシステム名刺~~~!(ドラえもんの声で)

IMG_20190318_104949
名刺を版にして大量に作る時代は終わり!スタンプで十分なのです!

コツは肩書・名前・メールアドレス・電話番号の部分と所属の部分をパーツとして分けるということです。これにより名刺を好きな肩書とプロジェクト名の組み合わせで好きな枚数いつでも作れます。
IMG_20190318_104910
まずは名前パートを左上にスタンプします。そのあとにプッシュしたい事業やプロジェクトのスタンプを押すのです。さらに裏面に会社名などを押すことで相手に必要な情報が1枚にすべて収まります。
IMG_20190318_105004
このようにパターンを変えた名刺を何枚か持っていることで初めて会った相手がいちばん興味が湧きそうなプロジェクト名を使った名刺を渡すことが出来ます。

スタジオを使ってくれそうな人にはヒマナイヌスタジオ名刺、出張配信に呼んでくれそうな人にはLiveNinja名刺、取材先にはhimag編集部名刺、ビジネストークでは会社名名刺という具合です。

これはブラザーの浸透印を使っています。同じ店で発注するとフォントなども保存されているのでお揃いのレイアウトが作りやすくて便利です。お試しあーれ!

以上、ヒマナイヌスタジオ神田店からお送りしました!




このエントリーをはてなブックマークに追加