毎晩のようにヒマナイヌスタジオからオリジナル対談コンテンツをお届けしていますが、夜がスタジオワークになると自分自身の映像インプットをする時間が少なくなっていきます。

そこで自宅の仕事場のレイアウトを改造して事務作業中や映像編集作業のエンコード待ちの時にNetflixやAmazonプライムの映像を見られるようにしたというのはこちらの記事にも書きました。

でもながら見というのは映画だとつい見てしまうしドラマ系のオリジナルシリーズというのも同じなんですね。ストーリーがあるものは一度見始めてしまうと手が止まってしまう。

そこでおすすめなのが同じテーマでたくさんの本数があるライトなドキュメンタリーシリーズです。

Netflixにある「シェフのテーブル」はナレーションメインで映像コラージュで進むタイプの番組なのでラジオっぽく音声だけ聞いていても楽しくチラチラを目をやると美味しそうな映像で楽しいのです!

IMG_20180902_172725

耳からの情報にもなり目の保養にもなり、それでいて事務作業も進むナイスなシリーズ。

これからはこのような「ながら見に向いているネット動画」などもhimagで積極的に紹介していきたいと思っています。お楽しみに!

以上、Netflixからお送りしました!



このエントリーをはてなブックマークに追加