新学期がはじまったコータがまだ午前中授業なので「午後これどう?」と予告編を見せると「知ってる!これ!行くー!」と言うので行ってきました!

ロビン・ウィリアムスの「ジュマンジ」のリメイクですがふつーに面白かったです。

「キングコング 髑髏島の巨神」ほどの衝撃も「パディントン」ほどのウィットもないんだけどちょうどいい感じのエンタメ感なんです!80年代映画育ちとしては「グーニーズ」とか「インディアナ・ジョーンズ 魔宮の伝説」あたりのいい部分が入ってる感じ!

あと面白いのが高校生がゲームのキャラクターになっているので性格と容姿が合っていなかったり性別までも変わっていたりそこをジャック・ブラックがやっていたりなのでコータは終始ケラケラ笑っていました。ジャック・ブラックになってしまった女の子キャラがはじめて立ちションをするところとかキスの仕方がわからない二人がキスするシーンとか小学生くらいにも程よい感じが微笑ましいです!

悪役が弱いところあるんだけどたまたま居残りで集まった高校生の気持ちがひとつになっていくことにストーリーの中心があるので面白く見られます。動物とか蛇とかもたくさん出てくるので男の子は楽しいと思います!ということでめちゃめちゃ傑作なわけではないけど家族で楽しくテーマパーク的にシネコンで楽しむにはバランスがよい佳作だと思いまーす!

以上、バルト9からお送りしました!

ジュマンジ (字幕版)
ロビン・ウィリアムズ
2013-11-26


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr