Amazonプライム独占配信のSFドラマ「フィリップ・K・ディックのエレクトリック・ドリームズ」が一話完結型でめちゃくちゃ面白いです!!
IMG_3842
シーズン1の第一話「真生活」は「トータル・リコール」「ストレンジ・デイズ」好きに!第二話「自動工場」は「トゥモロー・ワールド」「エクスマキナ」好きに!第三話の「人間らしさ」は「スターシップ・トゥルーパーズ」「第5惑星」好きに!第四話「クレイジー・ダイアモンド」は「シザー・ハンズ」「マルホランド・ドライブ」好きに!どれも独特な世界観と見事なプロダクションデザインで引き込まれます!
IMG_3834
このシリーズの良さは一話完結ということ!同じ主人公たちのちょっとづつ進むドラマに何十時間も付き合うのが苦手な人も一話50分で終わるので心地いい長さです!
IMG_3837
フィリップ・K・ディックは「ブレードランナー」の原作者として一躍有名になってから「トータル・リコール」「マイノリティ・リポート」「スキャナー・ダークリー」「アジャストメント」「高い城の男」などその世界観が映像作家に好まれ多くの作品が映像化されました。
IMG_3836
テーマはどれも「人間とは何か?」「記憶とは何か?」に集約されており物語が進むのを見るにその独特な世界観に興味を掻き立てられます。
IMG_3840
フィリップ・K・ディックのエレクトリック・ドリームズ」はテレビシリーズながら才能のあるディレクターが一話ごとにスタッフィングされ独特の世界観を作り込んでいます。ちょっとチープな共通オープニングに「大丈夫か?このシリーズ?」と不安になるものの物語がはじまるとそれぞれの敏腕ディレクターの演出にどんどん引き込まれていきます。
IMG_3841
キャストも日本では馴染みのない俳優からスティーブ・ブシェミのようなクセのあるバイプレーヤーまで幅広く起用されていて見ごたえがあります。「人間らしさ」でヘリック大佐役を演じたブライアン・クランストンの演技は特に印象に残りました。
IMG_3839
予告編は反転文字をつかった不思議なキャストロール!
IMG_3838
全10話ですが深夜に見始めたら一気に朝まで4話連続で見てしまいました。どのエピソードも素晴らしい完成度で甲乙つけがたい!

不世出のSF作家の原作をどう料理するか?ディレクターが才能を競うように工夫をこらしている制作現場の熱気のようなものが伝わってきます。
IMG_3835
VFXも多く使われていますが「これどこで撮ったんだろう?」「こんな建物本当にあるのか!」と思うようなロケシーンも多くユニークな映像世界になっています。

このシリーズは2016年にソニー・ピクチャーズ・テレビジョンで制作されイギリスでは2017年にチャンネル4で放送、日本やアメリカではAmazonプライムビデオとして配信されています。

以上、ぜひ見て欲しいAmazonプライムビデオからお送りしました!





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr