しれっとAmazonプライムビデオにある東映動画の「西遊記」ですがそのwikiを読むだけでもおったまげるスタッフによるアニメーション映画です。手塚治虫のアシスタントに石ノ森章太郎です。その後の「サイボーグ009」につながる流れ!

そんでもってこの「西遊記」は88分なんですが猪八戒が出てくるのに45分、沙悟浄が出てくるのに60分かかります!!なんたるスローな時間配分!前半は文部省特選的な教育映画を思わせるテンポでさすがに現代の感覚からすると退屈してしまうのですが後半の30分はスゴい!!!ジャズやラテン音楽のアレンジも加わり挑戦的なアニメーション表現に目を見張ります!!

出てくるキャラクターでツボだったのがこの子!

雷の子どもみたいな風貌でスパイ的に孫悟空の居場所をラスボスである牛に教えるんですがその時の表現がいい!

まず頭からガラケーのアンテナみたいなのを自分の手で引き出します!
それから自分のパンツから白い受話器を出して「もしもしー?」ってやるんです!超つっこみどころ満載で可愛い!!! 
パンツ?なのか?おしり?なのかわかりませんが受話器を出す時に体をひねる時の表情も胸キュンです!

それを受信する側のモニターもイカしてる!画面比率は4:3のようです。この映像はどのカメラが撮ってるんでしょうね?


ラスボスは牛なので受信モニターも牛仕様です。味わい深い。。

アニメファンなら絶対に見たほうがいい東映アニメーション初期の名作!

Amazonプライムビデオも時期によって見られたり見られなくなったりしますから今のうちにチェケラッチョしてみて下さい!時間ない人は後半30分だけでも是非!

以上、Amazonプライムビデオからお送りしました!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr