ジェイムズ・マンゴールド『LOGAN』


 

f:id:mclean_chance:20171229232524j:image

こんなに老けてしまったウルヴァリン。

 


マーヴェルの一連の作品はほとんどチンプンカンプンですが、なぜかX-MENは好きでして、そのウルヴァリン演じるヒュー・ジャックマンがコレをもって役を引退するという本作はやはり気になっていたんですが、映画館で見ることができず、ようやくDVDで見る事ができた訳です。

まず驚くのは、アメコミ感がこれっぽっちもなく、かなり『マッドマックス』なんですよ、映像が。

バイオレンスもかなりキツめでお子さんと一緒にキャプテン・アメリカやスパイダーマンのノリで見るような作品ではございません。

 

f:id:mclean_chance:20171229232628j:image

サックリといっちゃいます。

 

何しろローガンはヒゲを生やしたオッさんであり、どうやら、X-MENは壊滅し、プロフェッサーXは、その超能力の暴走を自分でコントロールできなくなっており、クスリでなんとかコントロールして正気を保っている老人です。

ローガンもどうやらアル中で、昔のようなアホみたいな回復力が落ちていて、ギャグみたいですが、老眼です。

 

 

f:id:mclean_chance:20171229232741j:image

90歳になってしまったプロフェッサーX。

 

そんな老眼のローガンに、ガブリエラという女性が、「5万ドルあげるから、どうかカナダまで逃してほしい」という、ケガを負った女性が助けを求めてきました。

テクサス州からカナダというのは、ほぼアメリカを縦断する事になりますから、大変な距離です。

もともと義侠心に熱いローガンですが、逡巡している内に、ガブリエラは殺されてしまいました。

この女性が連れていた女の子がいなくなってしまうんですが、この子は娘ではなく、なんと、ミュータントでした。

しかも、その能力はローガンと全く同じ能力です。

ガブリエラを殺害した連中がローガンの家を襲撃しますが、この娘、すなわち、ローラは、そのミュータントとしての凄まじい能力で、追っ手をドンドンと倒してしまいます。

 

f:id:mclean_chance:20171229232907j:image

ローラの戦いっぷりはかなりすごいです。



ボロボロになりながらも戦い続けるローガン。


 

その戦いぶりは、まさに若い頃のローガンそのものです。

このガブリエラのスマホには、彼女が勤務していた、製薬会社を隠れ蓑にしている、兵器開発の研究所の隠し撮り映像が入っていました。

要するに、ローラという女の子は、この研究所の実験体の1人であり、どうやら、この娘はローガンの知らないところで作られた彼の子供だったのでした。

 

f:id:mclean_chance:20171229233033j:image

父と娘のお話しなのでした。もう少し掘り下げはあった方がよかったと思いますが。

 

このお話のキモは、さきほども言った、全くアメコミ感がなく、『X-MEN』がコミックの中の絵空事のように受け止められている事です。

ローガン自身も「ホントは沢山人が死んでるんだよ」と言います。

しかし、そのコミックの中に出てくる「エデン」というミュータントたちの拠点から、ローガンに前金として渡された2万ドルは来ているらしい事が判明するんですね。

という所でストーリーの説明はやめますが、このなんとも苦い、まるでクリント・イーストウッド『許されざる者』を思わせる、ローガンやプロフェッサーにとっての贖罪がテーマなのですが、本作はそれだけではなく、後継が重要なんですね。

父と娘。の継承がかの名作『シェーン』の、あのラストシーンとして見事に継承されていきます。

コレは驚きました。

 

f:id:mclean_chance:20171229233555j:image

実は伏線はありました。

 

「殺人者の烙印は一生消えないんだ。帰ったらお母さんに『この地から銃は消えた。心配ない』と」

まさに王道継承の映画でありました。

 

f:id:mclean_chance:20171229233709j:image

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加