4Dパズルもいろいろ買いましたが斜め上の発想!焼肉パズル買ってみました!


肉の部位が覚えられるという立体パズルです!焼肉屋のポスターなんかで肉の部位マップみたいなものはよくみますがこれなら組み立てながらしっかり覚えられそうです!

なんと!手で摩擦熱を加えると焼肉になるというスゴいギミック!

飾るための皿も付いてますが牛として飾るか肉として飾るか悩ましいです!ちなみに牛が舌を出してますがテヘペロにはちゃんと「タン」と刻印されています。

パッケージを開けると完成した状態で肉が詰まっているのでそれをバラしてパズルスタートです!

パーツがなくならないように慎重に解体してまず骨格を組み立ててからホルモンを入れて肉を入れるという2層構造になっています。

8歳のコータも真剣です!

ホルモンを入れたら間に骨のシートを挟んで肉の層に取り掛かります。

完成品の手がかりはパッケージ写真です!
 

写真を見なくてもカタチとカタチを合わせていくと完成するのでパッケージは捨てても大丈夫です!

こうして肉の部位を入れ終わると蓋としての肋骨を加えて完成です!

だいたい10分もかからず組み立てられますが焼肉屋に行く前にこれをやると注文するにも楽しくなりそうです!

完成!置物としても可愛いので気に入りました!


ちょっとしたプレゼントにどうぞ!

同じシリーズでマグロの解体パズルもあります!

以上、食育リビングからお送りしました!
このエントリーをはてなブックマークに追加