御徒町の松坂屋南館が建て替えにより上野フロンティアタワーになりPARCOyaがオープンしたので行ってきました。TOHOシネマズなんかも入りワクワクなんですが本館で面白い展示をやっていました。

それが「貴重映像でふり返る松坂屋上野店の歩み」です!



東京藝術大学との共同開催の小さなブースで「松坂屋上野店」の歩みをパネルと映像により紹介していました。



西郷隆盛との秘話なんかも「へぇ〜!」という感じで面白いですね。



地下鉄直結も百貨店初!日本橋の三越よりこっちの方が先輩なんですね!



この昭和32年に増築された南館を解体して作り直したのが今回の建物です。ということは残る本館はファサードこそ1980年に外装を現代的にしてしまうが中は歴史的な躯体なんですねぇ〜!



そしてこの映像展示が面白かったんです!昭和初期の映像作家である荻野茂二による「母を迎へて」というライフログ映像です。9.5mm(8mmフィルム登場以前のフォーマット)で撮影されています。これをデジタル化した貴重な映像!



当時の銀座線や駅改札などもしっかり写っています。



省線も写っています。いいアングルですねー!



田舎の母親が状況してくるので松坂屋上野店に行って買い物をするというストーリーなんですが実に繊細な描写で当時の風景が活写されており思わずそのまま3回見てしまいました!



もう終わってしまいましたが(当日書くのサボってたのであとレポですいません)非常に面白い展示でした。himagの映像考古学としては上野広小路から1カットで上野駅まで移動ショットを見せる黒澤明の初期作品「素晴らしき日曜日」(終戦2年後である1947年制作)などもありますので併せてお読みください!

以上、御徒町の松坂屋上野店からお送りしました!