ゲストライター西口です。
小学4年生の我が愛娘ユイは自ら「中学受験したい」と言いだし今年の3月から近所の進学塾に通っています。が、今月いっぱいで塾をやめて自宅で勉強することにしました。

周りにも受験を目指す子がいる環境にいるほうがモチベーション上がるんじゃないかと考えての塾通学だったのですが、ユイは引っ込み思案なところがあり授業中や終わってからなど解らないところを先生に質問することができない様子。

解らないままなのでもちろん宿題の問題が解けない、小テストで点数が取れない状態で、結局自宅で両親が一つ一つ教えることになり、これなら自宅で個別指導してるのと変わらないしこの子は塾に通っても点数が伸びないタイプだなと判断し、塾をやめて上の写真の問題集(四谷大塚)とZ会を自宅でやることにしました。

塾に通うほうが伸びる子もいるでしょうし自宅で落ち着いてじっくりやるほうが向いてる子もいるでしょうし、これも子供の個性なんでしょうね。

塾で新しい友達ができて塾通学は楽しいそうです。そうやってできた友達は連絡先を聞くなどして関係を続けることもできますもんね。

以上、自宅で算数を教えながらお送りしました。

(493文字)
このエントリーをはてなブックマークに追加