ゲストライター西口です!
Chao Okinawa さんの試乗会に参加した感想第2弾です。

さて、ロータス・エリーゼ、今回試乗させていただいたのはこちらの自然吸気エンジンのモデルです。


エリーゼを運転したのは初めてなのですが、まず感じたのは「乗りやすいな〜!」ということです。もっと足回りがガチガチで道路の凹凸とか拾いまくって「スパルタンだな〜!」と感じるのかなと思ってたのですが、そんなこともなく長距離乗っても(そんなに)疲れないんじゃないかという乗り心地ですし、ロードスターに似た人馬一体感で思った通りに走ってくれる安心感もあります。

かといってつまらないクルマなのかというと全然そんなことはありません!踏めばグッと加速し、ステアリングをクイッとすれば思ったように走ってくれる、そんなクルマと会話してるような楽しさがあります。根性を試される感じも無く、このクルマ、普段の足に欲しいな〜と本気で思いました。

間違いなくスポーツカーなのですが、普段使いできて、常にドライビングの楽しさを感じられる、そういう点でNDロードスターに似ていると思います。ロードスターをちょっと軽くしてちょっとパワフルにした感じ。


内装も必要最低限でシンプル、そこがかっこいい!こういうほうが飽きがこないでしょうね。

さらにこちらのエキシージの助手席にも座らせていただきました。

1100kgの車重に3.5Lリッター350馬力のエンジンはヤバいです!グイッと踏んで加速する時の後ろから押される感じ、前輪浮いてるんじゃないの?という加速、これは魔薬ですね!(笑)


エンジンの後ろにラゲージスペース。意外と荷物積めそうです。

次はエキシージも運転してみたいですね!

さらにパワフルにしたNDロードスターとも言えるエリーゼ、欲しくなっちゃいました!!

以上、Chao Okinawaからお送りしました!

(791文字)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr