Hal GalperNow Hear This』( enja)



Personnel ;

Terumasa Hino(tp),

Hal Galper(p),

Cecil McBee(b),

Tony Williams(drms)


recorded in February 15, 1977, at C. I. Studios , NYC




このアルバムの聴きどころは、ヒノテルの火を吹くようなトランペットの演奏です。


ドラムは、なんと、トニー・ウィリアムズ。


トニーは容赦無く日野を煽りまくっておりますが、われらがヒノテルは、コレに一切動じる事なく、ちょっと詰まったようなようなトランペットで、多少荒れようが御構い無しに吹いて吹いて吹きまくる。


この一心不乱さがこのアルバムの価値を高めております。


この頃のヒノテルの演奏は無条件に素晴らしいですね。


かつてのモダンジャズが持っていた熱狂を思い出させてくれます。


ピアニストのハル・ギャルパー。と言っても余りピンとこないアルバムですが、本作はサイドメンが全員すごく、もうそれが買いなんですね。


セシル・マクビィのベイスは、歌うようであるし(とはいえ、シッカリとバンドを支える事は決して疎かにはしません)、トニー・ウィリアムズのドラムはもう絶品であります。


日野皓正って、どんなトランペッターなのですか?と訊かれましたら、私は躊躇なくこの作品を聴いてみる事をオススメします。

 

ホントにたまげますよ!





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr