バッテリーが持つからスマホはカメラ系だけにして執筆や閲覧はiPadで!と考えているヒマナイヌ川井です!ところがiPadのソフトウェアキーボードが変な位置に出る!これどうやって位置を動かすの?

ということで解説しましょう!ググっていろんなサイトに書いてるんだけどやってみると変なコツが必要ですっごい操作しにくいです!



やり方はソフトウェアキーボードの右下にあるキーボードアイコンを「タップ以上、長押し以下で押してそのままスッと上下の好きな位置にドラッグする」というもの!なんだよ!それって感じです!



まずなんで「タップ以上、長押し以下」という微妙なタイミングでドラッグしなきゃいけないのか?を説明します。

これタップだとキーボードが下に消えてしまいます。長押しすると「結合」と「固定して分割解除」というのが出てしまいます。もうこのメニュー自体がすげぇわかりにくい。。。

「結合」というのは「スマホみたいなフリック入力じゃなくて銀行のATMみたいな五十音のソフトウェアキーボードにしちゃうよ」って意味で子ども以外つかい所がありません。

「固定して分割解除」ってのは「ATMみたいな五十音のソフトウェアキーボードを画面のいちばん下に固定しちゃうよ」という意味でこれも使い所がありません。



そうなってしまったらキーボードアイコンのボタンをまた長押しします。すると「固定解除」と「分割」が出ますから「分割」でフリック入力に戻します。この「分割」ってのがダメな翻訳でこれ「フリック入力」にすべきです!それで「結合」は「五十音入力」にすべき!ねえ!聞いてる!Appleの人!(聞いてねーよ)

それで話を戻しますと「フリック入力」のレイアウトのソフトウェアキーボードを両手でiPadを持った時にちょうどいい下の方に移動させたい!というのが今回のお題なわけですね、こんな風に!



そのためにはキーボードアイコンを「タップ以上、長押し以下で押してそのままスッと上下の好きな位置にドラッグする」するわけなんですが、これがいちばん下まで移動してしまうと勝手にフリック入力から五十音キーボードに変わってしまうんです!なんぞ!これ!嫌がらせなのか???

だから下に少し余白を残した状態の位置で止めないといけない。

僕はこの位置に止めるまで10回くらいここに書いてあるモードを行き来しました。もうすげぇ頭来るえわ!これ!勘弁して欲しい!

ただ一度位置が決まれば画面の下端からフリック入力キーボードの位置は縦にしても横にしても同じになります。これでやっと使いやすくなる!

本当はアプリによってこのフリック入力キーボードの位置を頻繁に変えたかったんだけど、この操作をしてみると二度と触りたくなくなります。本当に変更しにくいiPad最悪のUIのひとつなんじゃないでしょうか?

もっと簡単にサッと好きな位置にフリック入力キーボードの位置を変えられるよ!という方法があったらコメントで教えてください!

以上、iPadからお送りしました!

(※たぶんこういう記事がロングテール記事になるんじゃないかな?)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr