若い時は特に観たいとも思わなかった寅さんシリーズ!40過ぎてからなぜか観たくなり、まるで田舎の実家にでも帰ったようなほっこり気分でAmazonプライムビデオを徘徊する昨今です。

スタジオ撮影と葛飾と地方ロケの組合せである寅さんシリーズは昭和の都市部の風景を味わう映像考古学としての魅力は薄いのですが今回はマドンナの若尾文子の美しさを中心にご紹介したいと思います。

 
昭和の映画界は俳優が映画会社に所属するという方式でしたから松竹の俳優は松竹映画に、大映の俳優は大映映画にしか出ませんでした。だから古い邦画を見ていると主役も脇役も同じ人たちが出て来るんです。ちなみに私は大映が好きです。

そんな大映を代表する看板女優が若尾文子です。この映画は大映末期の時期である1971年制作ですがタイトルにはしっかり大映所属
で出ています。

このブラウン管テレビ!モノクロでかつ画面の端がめっちゃ丸いです!画面じゃない部分が分厚いのもいい!

お祭りなどで実演販売をする仕事をしている寅さん(合ってる?)が安宿のテレビで故郷である葛飾柴又のレポートを見て郷愁にかられるというシーンから映画はスタートします。

それにしてもこのテレビ、レトロでいいデザインですね。
そして同じ番組を葛飾柴又でも見ているということで別のテレビが映ります。テレビがカラーになっていく時期ですがまだ高かったですからモノクロが多かったんですね。私は1970年生まれですが家のテレビがカラーになったのは5歳くらいの頃だったような記憶があります。映画は総天然色だけどテレビはモノクロ。映画もまだまだ優位性があった時代ですね。

そしてどうですか!この絵!これぞ「昭和のお茶の間」「家族の団欒」というショットです!もう素晴らしすぎる!こんな風景はもうないですね!そもそもみんなテレビが家になかったりするし!(俺調べ)

そして旅先のプロローグではこの人が出てきます!誰だかわかりますか?
のちに「マルサの女」となる伊丹十三の奥さんこと宮本信子ですよ!
暴力を振るう夫から逃れて実家に帰ろうとしてるところで寅さんと出会います。それで寅さんもなぜか一緒に実家まで行くことになるんですが、父親が森繁久弥です。なんという豪華なキャスト!!森繁久弥っていう昭和の名優さんはほんとスゴイ人で青森が舞台の「海峡」なんかでもほんのちょっとしか出てこないのにものすごい印象を残すんですね。この作品でもほんとうに数分しか出番ないのに奥行きのある見事な演技で見る人の記憶の奥深くに刻まれます。

そしていよいよ若尾文子の登場です!!ちなみに若尾文子はのちに建築家の黒川紀章と結婚します。(知ってた?)
この映画は若尾文子が目的で見たんですがその観点から言うと物足りないです。あくまでゲストマドンナという感じであんまり寅さんと密に絡まないんですね。どちらかというとさくらの旦那さんがたこ社長の印刷工場から独立する話がメインでそっちの方が面白いんです。だから寅さんとマドンナのいつもの淡い恋と失恋はサイドストーリーっぽくなっちゃってる。
でも若尾文子が画面に出ると凛とした美しさが生まれます!こんな風にアップじゃなくてもこの美しさ!所作に気品があるんですね、この人は!上品な声も最高です!

笑顔もたまらんです!菩薩顔ですね。(そういえば最近だと深田恭子も菩薩顔ですね!)

ちょっと体調が悪くて寝込んでいるシーンでもこの美しさ!メイク・照明・撮影とも素晴らしい仕事っぷりです!
寅さんが路上で物売りしてる時に「なんで1971年の映画にRICOHのthetaが写っているんだ!!!!」と驚いたのがこのカット!

これは白いthetaにHDMIケーブルを刺してFacebookライブをしているわけではなく録音機のマイクでした!
そんでもって川の上で一家団欒の飲み会したり
寅さんが恋煩いで寝込んだり
マドンナが訳ありな過去を匂わせたり
若尾文子の和服になんていうんだっけ?この割烹着みたいな白いの。。着せてみたり 
ここぞという笑顔はアップで見せてみたり


最後はいつもの河川敷でまったり

ここは若尾文子の表情をじっくり見ていただきましょう!

ああ、美しい。。。もうずっと見てられますね! 
そしてマドンナの訳ありの旦那が唐突に迎えに来て住み込みで団子屋手伝っているはずなのに若尾文子は5秒で出ていきます
恐るべし展開。。

そしてまた旅に出る寅さんを見送る妹さくら!倍賞千恵子も美しいですねぇー!

旅先で寅さんにお世話になった宮本信子も今は幸せになりめでたしめでたし!と終わるわけでございます。

いやー、寅さんって本当に癒されますねー!美しき予定調和!

だいたいAmazonプライムビデオにありますから都会生活に疲れたら見てください!


↑ にしてもAmazonプライムビデオの解説部分!ストーリー最後まで書くなよ!(笑)

以上、Amazonプライムビデオからお送りしました!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr