ヒマナイヌ川井です!マルチカメラ収録&配信で映像と音声のズレを調整するディレイは悩みどころです!

スイッチャーを使う限りズレは多かれ少なかれ発生します。さらに実はズレはカメラによっても違うんです。

そんな時に音声を遅らせるディレイのコンバーターを使うわけですがローランドのVR-4HDはこれが内蔵されています。



アウトプット段でディレイを調整したい時もメイン、AUX、USBで個別にディレイをかけられます。

それだけではなく4つのXLRの入力段、2つのステレオ入力、USB、4つのHDMIと11系統の音声入力段すべてでディレイ量を設定できます。


機能で考えるとFS-Delay 11個分!だからVR-4HDはこの機能だけでもお釣りが来るくらいのコストパフォーマンスの高さです!

全チャンネルともディレイ量は最大500msまで設定できます。設定はメモリーして保存することも出来るのでいつも使うカメラやマイクに合わせて仕込むことも可能です。

民生用っぽく見えて業務機並みの機能を持つカジュアルなHDMIスイッチャーVR-4HD!小さいのにやれば出来る子です!


以上、現場からお送りしました!


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr