おっと!これ黒しかなかったのに白も出たってよ!



ますますMacBookのACアダプターに似てくるねぇ〜!いっそ一体化して「USB急速充電器」「モバイルバッテリー」「MacBook ACアダプター」を全部兼ね備えてくれないかねぇ〜!

(以下は前回の記事でーす!)

Anker PowerCore Fusion 5000 (5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器) 【PowerIQ搭載 / 折畳式プラグ搭載】 iPhone、iPad、Android各種対応
Anker




みんな大好き!ANKERのモバイルバッテリー!いくつ持っているんだよ!ってくらいANKERは買ってますが今回の商品は「何で今までなかったんだよ!」というハイブリッド機能の新製品です!

P1220019

付属品はポーチとマイクロUSBの充電ケーブル。でも今回のモバイルバッテリーはこのケーブルを使わなくても充電出来るんです。

P1220022

本体は2ポートのUSB高速充電ポートがあります。大きさはPowerPort 4よりひとまわり大きい感じです。モバイルバッテリーとしての容量は5000mAhなので小さめ。きっともっと大容量タイプも出るんじゃないでしょうか?

P1220020

この製品の特徴はこういうこと!ANKERの製品写真で解説します。これまでのモバイルバッテリーはマイクロUSBケーブルで充電しましたよね?こいつはコンセントに直接挿して充電できます。そしてそのままはずすとモバイルバッテリーになります。おお!2in1のハイブリッド仕様!いいじゃん!

A1621011_ND02_V1

動作はどうなるのか?自分を充電しながら接続したスマホも同時に充電するのか?ここが気になりますよね?

コンセントからPowerCore Fusion本体とその他の機器を充電できます。始めにお使いの機器を充電し、その後PowerCore Fusion本体の充電を開始します。
*本製品を充電する際は、他の機器との接続を切るかもしくはボタンを押してください。30秒後に本体充電が開始されます。*LEDランプはケーブルの外した後やコンセントから抜いた後、10秒後に消えます。

という仕組みだそうです。なんだ、同時に充電するんじゃなくて順番なのか。。そこは肩透かしをくらったような感じですが本体だけをすぐに充電したい時は何も接続せずにコンセントに挿してボタンを押す必要があるようです。マクドナルドなんかで30分くらいいる場合はコンセントに挿してスマホの充電が先になるので本体の充電までしない可能性もありますから使い方はそれぞれ考えたほうがいいかも。

でも家やオフィスに長時間いるときはとりあえずこれをコンセントに挿してスマホやモバイルルーターも刺しておけば大丈夫ですね!接続機器の充電が終わったら本体も充電されます。これまで旅行などではモバイルバッテリーとUSB高速充電器を両方持っていっていたのでひとつになったのはありがたい!

以上、ANKER新製品からお送りしました!
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr