マーチン・ランドーと言えば自分にとっては「スペース1999」なんですよ!なぜか「スタートレック」にはまらずに「スペース1999」にはまりイマイのイーグルのプラモデルを買ってニヤニヤ眺めていたのは小学校低学年の頃のいい思い出です。

そんなコーニック指揮官ことマーチン・ランドーと久しぶりに再会したのが1988年公開の「タッカー」という映画です。GMやフォード、クライスラー相手にベンチャーで革新的なクルマを作ろうとした男タッカーの物語!ルーカス制作のコッポラ監督で撮影はビットリオストラーロですよ!ラストエンペラーの!

もう凄い!そこでマーチン・ランドーは「私は夢というのは感染すると思っていた。間違ってそう思っていたんだ。でも今あなたの夢に感染している。それがうれしい」みたいなこと言うんです。すごくいいシーンなんです。よく覚えています!(その割にセリフがぼんやりって!)

主演はジェフ・ブリッジス!トロンやアルタード・ステーツの人ね!この人の笑顔いいよね!アメリカ!って感じでさ!息子にトゥルー・ロマンスのクリスチャン・スレーター!ヤク中か何かで最近あんまり表舞台に出なくなっちゃったねぇ〜。エニウェイ!けっこう豪華なスタッフ・キャストの割に知られていない映画だけど夢を追う人の話しが好きな人は絶対一度見て欲しい!

というわけで予告編どうぞ!
(2分23秒)





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr