ジャン=リュック・ゴダール『ワン+ワン』

 

f:id:mclean_chance:20170716133553j:image

 みんな若いですね。

 

一見、ローリング・ストーンズの名作アルバム、『べガース・バンクェット』のメイキング映画見たいな体裁ですけども、ゴダールはローリング・ストーンズにも興味なさそうというか、ロックのことなんてどうでもよかったのではないでしょうか。

ストーンズのメンバーが本作のメインとなる、「Symphaty for a Devil」を作っている映像(ワザと退屈に撮っています。興味がないからなのですが)に、ストーンズと無関係な過激な政治のナレーションが入ったり、唐突にアフリカ系アメリカ人がとつぜんアジテーションをするの映像に変わったり。と、相変わらずのゴダールですけども(なぜ、ここまで非商業的な映画を作れるのかがすごいですよね・笑)。

 

f:id:mclean_chance:20170716133654j:image

結果として、最晩年のブライアン・ジョーンズが写っている映像となりました。

 

アンヌ・ヴィアゼムスキーがひたすら政治的な内容の質問責めになっている(単に女優を困らせて楽しんでいる?)シーンの方がずっといきいきしてします。

また、ストーンズのメイキングシーンは、ずっと、停滞しているのですが、黒人のパーカッションを入れて、ニッキー・ホプキンズがピアノに変え、演奏がガラッとよくなるんですけども(要するに発表された演奏に近づいているんですけども)、なんの説明もないです。

この時代のゴダールをよく、「政治的」とか言われるんですけども、ホントでしょうか。

 

f:id:mclean_chance:20170716133810j:image

唐突に挿入される、アンヌ・ヴィアゼムスキーのシーン。こういうシーンが何度も出てきます。


要するに過激な映像のコラージュに見えます。

また、黒人に朗読させている黒人音楽論も相当に観念的で、およそ黒人音楽が好きな人でもありませんし、ブラックパワーにも興味なさそうです。



ゴダールは何者にも影響されない。


むしろ、告発しているのは、映像と音響それ自体がもつ暴力性でしょうね。

とにかく、コレはストーンズのアルバムのメイキングを映したドキュメンタリーでもなんでなく(笑)、相変わらずのゴダール映画以外の何者でもないのでした。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr