この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。



P1210484

私は神田司町で「ヒマナイヌスタジオ」というスペースを運営しています。スタジオは不特定多数の利用者が使うので鍵の管理をどうするのがいいのか?悩んでいました。

物理的なスペアキーを作って渡していくには相手と「渡す」「戻す」の2回受け渡しが必要になります。使用中は合鍵を作れるわけですからこの方法はセキュリティ的に問題があります。

不動産の空き物件のように番号キーを合わせるとそのボックスの中に物理キーがあるという方法もありますが、これも番号を教えてしまうわけですから不用心です。かといってそのキーボックスの番号キーを毎日変更するのも大変です。変更にするにはその場所に誰かが行く必要があるからです。

そんな時に「RemoteLock」というWiFiのキーシステムがあることを知り早速使ってみることにしました!これは今話題になっている民泊サービス「Airbnb」などで使われているシステムです。日経MJなどでも紹介されていました。見ての通りテンキーがついています。物理キーと違ってある特定の時間に有効になる番号を無限に発行できるわけです。だから二度と同じ番号を使うことがなく安全です。

これなら毎日利用者が変わるレンタルスタジオでも安全です。さっそく今回の機会にレビューしてみたい!と申し出ました。

P1210483

「RemoteLock」はこれまでのドアに新しいドアノブ部分を追加します。(どんな工事になるのかは文末に写真付きで解説しています)このドアノブ部分はハイテクでアナログです。ドアの開閉はこれまでのドアと仕組みは同じでドアからロック用の棒が出てきてドア枠側に刺さります。この開閉をWiFi認証のパスワードでロック・アンロックするところがハイテクなのです。その通信とサムターンを回転させるための電気モーターがドアノブ部分に組み込まれています。電力は4本の単3電池でカタログ値では1日2回の開け閉めの場合は電池交換なしで半年から1年動作するとのこと。

普段使いにしていちばん便利なのは物理キーを持って外出する必要がないこと!これ当たり前なんですがものすごく便利です!上にあるボタンを2回押すと施錠されます。施錠はウィーンとサムターンが回転する動作音がするので閉まったことはすぐにわかります。

P1210484

解錠は4ケタの暗証番号を押して上のボタンを押すとウィーンと音がしてロックが解除されます。間違えた数字を入れたから突然数字キーが無効になって開けなくなるということはありません。

内側のサムターンはドアが開いてる時は左です。

P1210487

手動で施錠するときは右に回します。在室でドアをロックしたい時はこの状態になります。

P1210488

こうしてなんの変哲もない木のドアにハイテクなWiFiセキュリティロックがわずか1時間半で設置完了です!これまで暗いところでキーホールダーからどの鍵だったっけ?とガシャガシャやっていたのが「ピッピッピッピッ、ウィーン」で解錠されますからめちゃめちゃ快適です!

P1210489

鍵を持たずにふらっと外に出ても「ピッピッ」で施錠!これまで暗いところで鍵の開け閉めに15秒かかっていたものが3秒に短縮されました!

次は「RemoteLock」の肝であるゲストアクセスキーの発行をやってみましょう!例えばヒマナイヌスタジオの場合は夜の19時から23時くらいの利用が多いのでその前提でテストしてみましょう!

まずブラウザで管理画面に行ってログインします。するとこんな画面になります。アクセスユーザーは管理人でアクセスゲストが利用者というイメージです。ヒマナイヌスタジオの横にアイコンが出ていますがこれは鍵が施錠されているという意味です。下の南京錠アイコンをタップするとリモートで解錠することが出来ます。

Remo01

その右にグレーでWiFiの感度と電池の残量が表示されています。RemotoLockはドアノブ部分の単3電池4本でWiFiのアクセスと物理的な鍵の施錠解錠をやりますから頻繁に使うと電池が減ります。ヒマナイヌスタジオの場合はフル充電したエネループで1ヶ月でこのくらいです。毎日10回以上施錠解錠しているのですがそのくらいの使用頻度なら毎月1回電池を交換すればいい感じでしょうか?

アクセスゲストの設定はとても簡単です。名前とメールを入れてPINコードを発行すると4ケタのパスワードが発行されます。
Remo2

そのパスワードをいつの何時から何時だけ有効にするかを決められるわけです。民泊の場合はチェックインタイムとチェックアウトタイムを設定すればいいわけです。

スケジュールはワンタイムだけではなく毎週水曜だけ使えるなどの設定も可能です。毎日バーテンが変わる飲食店とか定期的なイベントを主催するイベント会場などにぴったりです。

Remo3

設定が終わったらキーの設置場所を指定します。複数のRemotoLockを管理してる人はここで部屋番号を選ぶわけです。最後にお知らせ機能を設定します。

Remo4

お知らせ機能はゲストアクセスがあって施錠解錠が行われた時にメールで通知するかどうかの設定です。管理画面にもすべてのログは残りますがリアルタイムにチェックイン・チェックアウトがわかるので通知はオンにしておいたほうが安心です。

Remo5

ゲストメールにどのようなメールが行くのか?のプレビューも出来ます。英語も併記されているので外国人観光客にも伝わりますね!でも件名は日本語なのでそこも併記するといいかも。
Remo6


ゲストアクセスを設定し終わるとこのようにゲスト太郎さんの情報が追加されました。えんぴつアイコンでいつでも設定を変えることが出来ます。一泊の予定だったけど連泊したいとか、スタジオの場合は23時までの予定だったけど終電後も盛り上がりそうだから3時間延長したい!などの連絡があってもすぐに対応できます。

Remo7

実際にゲストアクセスがあるとこんなメールが飛んできます。

Remo9

管理画面のログにはこのように履歴が残ります。間違った番号でアクセスして失敗した履歴も残ります。これは不審なアクセスがあるかどうかをウォッチできるので便利です。

Remo8

このように最初の施工だけドアにゴリゴリ穴を開ける大工さん仕事が入りますが装着されてしまえば日常の運用は極めて簡単!アプリではなくブラウザベースなのでPCでもスマホでもタブレットでも自由なスタイルで運用できます。

うちのように時間貸しのスタジオはもちろん、貸し会議室や民泊サービスに提供する部屋などにはぴったりですね!

P1210483

まずこのキーシステムの特徴なんですがドアにドリルで穴をあけて新しく鍵穴を作る工事が必要です。木製のドアならとても簡単なのですが実際どうやって設置されるのか?という部分はいちばん気になることろだと思うのでこの機会に丁寧に解説したいと思います。

P1210445


まず製品が届きます。内容物はこんな感じです。既存のドアの上にかぶせるような装置をイメージしてしましたが、そうではなく今あるドアノブとは違う位置に新しいドアノブを追加するという構造です。

テンキーのついている鍵穴の部分がドアの表側にねじ込み式のロックがある方が室内側になります。つまり物理キーが通常のドアのようにあり物理キーでの開け閉めも出来つつWiFiと接続して5時間だけ使える数字キーを発行するというような使い方が出来るわけです。

どの番号が何時に鍵を開けて何時に閉めたか?数字キーを間違って入力した履歴などもすべてクラウドに残ります。これにより利用者のドア開閉を詳細に記録し管理することが出来ます。

P1210450

これがテンキーの部分のパーツです。ボタンはゴムっぽい柔らかい素材で出来ています。ボタンの上にあるのが施錠・解錠ボタンです。

P1210452

こちらは室内側のパーツで普通のドアと同じでサムターンを回すと施錠・解錠が出来ます。

P1210454

サムターンの上にあるのが電池ボックスでここに単3電池を4本を入れます。アルカリでもエネループでも大丈夫でアプリ側で電池の種類を設定することが出来ます。この電池により室内のWiFiルーターと通信して数字キーの認証を行うというわけです。

P1210455

このシステムを設置できるドアかどうかは厚みに基準があります。ドアの厚みが20mmあればいいとのこと。うちはギリギリOKでした。申し込むと工事日をいつにするのか?という調整があり当日は職人さんがやってきます。ドア回りに切り屑が落ちるので養生をして設置がはじまります。

P1210456

どのくらいの高さに設置するのがいいですか?と聞かれたので暗いところで暗証キーを押すから成人の目の高さくらいの場所を指定しました。その位置に職人さんが鍵を取り付ける位置をマーキングします。

P1210459

そこからはノミでドアにシリンダーを設置する穴を彫っていくというアナログな工程です。ドアを彫っていくところはじめて見ましたが中は空洞ではなく1枚の板なんですね!面白い!

P1210463


穴が空いたらシリンダーを入れていきます。さすが手慣れた職人さん!ぴったりとはまります!(当たり前か)

P1210460

しっかりとシリンダーがドアに設置されたあとは今度本体の取り付けです。このシリンダーを電気的で施行・解錠する動力部分のボックスを設置するわけです。

P1210468

設置したあとは数字キーを使って初期設定のパスワードを管理者パスワードに変更します。これはPCのブラウザーからも出来ますし本体のテンキーでも設定が出来ます。とりあえず覚えやすい4桁のマスターパスワードを設定しました。

P1210475

これが設置が完了した「RemoteLock」をドアの外側から見たところ。かなりシリンダーが長く飛び出ます。しっかりドアが閉まっていそうで心強いですね!

P1210477

次はこのシリンダーが入るドアの枠側をノミで彫っていきます!

P1210482

こうして設置工事は1時間程度で終わります。ここからはブラウザーで設定するというわけです。

P1210483

これから民泊サービスをやってみよう!と思ってる人でこの記事を読んだ人はRemotoLockのサイトも参照してみてください!

以上、ヒマナイヌスタジオからお送りしました!




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr