これまでのあらすじ

ヒマナイヌスタジオから50mのところに出来たレンタルキッチンスペースである「MIDSTANDTOKYO」(名前長いな。。)でモーニングカフェが出来ないか?を妄想中です!妄想を現実の行動に映すには見込み数字が必要!いったい警察署通りは朝どのくらいの交通量があるのだろう?そこで早速今朝現地で調査してきました!



ここがその場所!神田の美土代町3-4の位置しており警察署通りという大きな一方通行の道にある路面店です。ちょうど角にあるので映画「スモーク」好きとしてはたまらん立地なのであります!上にはこのエリアのシェアオフィスの草分けである「REN BASE」があります。



今回の調査はまず歩行者をカウント!通りは一方通行なのに4車線もありわりと広いので手前の歩道と向こう側の歩道を10分刻みで調査!男女も別にカウントします。カチカチするカウンター使いたいところだけどこれ今日1回やれば充分なので原始的にノートに正の字で調査です!



これがその場所からみた交差点。ゆうパック受付の郵便局があります。神田は左なので左から右に通勤していく人の波があります。



この通りを少し先に行った向かい側にベローチェがあります。このビルは「The C」というオシャレ系の大規模なシェアオフィスが入っているビルです。このエリアのモーニングはだいたい自分も試しているのでわかるのですがまず神田駅の北口すぐのところに「ドトール」「サンマルクカフェ」「スターバックス」があります。そこからこの警察署通りを200mくらい行くと「ファミマ」「珈琲館」があり「司町」の交差点に「サンクス」があります。そこから300mの場所がここで「ベローチェ」がありさらに100m先の「美土代町」交差点があり「ミニストップ」があります。ここを左に行くと「タリーズ」があり右に行くと「デニーズ」があるというのが近隣事情。



ベローチェは7時に開店して11時までがモーニングメニューでキャパは禁煙60席の喫煙20席とかなり大規模!90席の喫茶店需要がこの半径200mであるということがわかります。



軽快にポーズをとって交通量調査をはじめたものの8時をすぎるとものすごい数の歩行者が神田方面から川のように流れてくるので歩道のこっちとあっち、しかも男女をカウントするのは至難の技です!



結果がこちら!じゃ~ん!!朝の6時台が121人、7時台が361人、8時台が786人という数字でした!これは月曜の曇りから雨の日のサンプルだがおそらく他の日もそう変わりはないでしょうね。



モーニングカフェは7時から11時までやってみようかと考えているんですが9時からパタリと人通りが減るのはここを通る人の会社は9時始業であることが推測されます。

さらに注目して観察していたのはコンビニの袋を持っているかどうか?です。これは6時台に通る人にはよく見られました。朝早いからドトールなどもまだ開いていたのでコンビニで朝食を調達して出社してから食べるというわけですね。いちばん通行量の多かった8時台はコンビニ袋は持たずに早足で通り過ぎる人がほとんど!すでに家か駅前などで朝食を済ませて駅か一直線に会社を目指している感じでした。

7時から8時に1147人の通行人があるというのは予想より多くモーニング需要は掘り起こせる!という手応えを感じました。と言ってもそもそも飲食のプロでもないのでこの数字が有望なのかどうかもわかりません。でも50人しか通らない道ではじめるのと1147人が通る道ではじめるのは雲泥の差があります。

今回の調査で良かったのは現地で実際にその時間を過ごせたことでした。通行人をカウントしながらも店の装飾をどうするか?コンセプトをどうするか?も同時に考えました。

モーニングカフェというのはキッチン付きのレンタルスペースを朝の時間帯だけ借りるわけで昼には現状復帰しなければいけません。自分がやっているライブ配信の現場と同じで毎回「店開き」があり「店じまい」があるというわけです。凝った造形が出来るわけではないのでヒマナイヌスタジオから台車で転がしてこれる物量の範囲で設計する必要があるわけです。



そこでヒマナイヌスタジオがツカパーと言われてた時の「都会のキャンプ場」というコンセプトを思い出しました。例えばヒマナイヌスタジオにあるキャンプチェアとワゴン車を持ってくるだけでこんな感じになります。



これはありだな!と思いました。キャンプチェアのところは客席になるし室内が禁煙なので外だけ喫煙にすることも可能です。ワゴン車は食材や食器を持ってくるのにも使えるし装飾にもなるので一石二鳥!

そしてこのLOGOSのキャンプ用トレイ!



これは折り畳みの脚がありたたんでいるとこのようにトレイとして使えます。脚を出して椅子の横に置くと荷物置き場にもなります。昨日までウッドトレイで考えていたのですが「キャンプ」というコンセプトにしたことで食器の考え方もガラリと変わりました。

スキレットを中心にしつつもアルミ系のキャンプ食器で構成するとこんな感じに!



いいんじゃないの〜?キャンプ系の食器使うカレー屋に似てる気もするけどこのあたりにはないしモーニングというルーチンな通勤風景の中にチェーン店ではない個人店のモーニングカフェとしてはキャンプ食器は印象に残るかも!



ということで交通量調査をしてドッと疲れたので近くのデニーズからモーニングをテイクアウトしてこの場所で食べてみました!デニーズはテイクアウトには最適化されていないこともわかり、食べながらイートインに力を入れて考えていたけどテイクアウトニーズの方が大きそうだからその方向も考えようということでコスビーとメニューについてブレストしました。

そこで出たのがピタサンド!サブウェイはカウンターの中に野菜などがあって店員さんが作ってくれますよね?あれの逆をやればいいんじゃないか?というアイデアです。つまりピタサンドをお客さんが自分で作れるというスタイルです。野菜が好きな人は野菜を多めに、肉が好きな人は肉をたくさん!みたいな感じでピタサンドとコーヒーをテイクアウトで500円のワンコイン!これなら調理は仕込み段階だけでよくあとは補充で回せるのでワンオペ(ワンマンでのオペレーション)でやれなくもない!

ふむふむ、わかってきたぞ、落とし所が!

最初から自分のコンセプトを盲信せずにアジャイルにやっていこうじゃないか!(物は言いよう)

というわけで、この場所を仕切っている北山さんの名前とキャンプというコンセプトからモーニングカフェの名前は「ヒマナイヌ」を使わずに新しい名前にすることにしました!それが!!!!!

「ノースマウンテン」

何かアウトドアっぽい響きがあるでしょ?北山だしいいじゃない!

これこの場所のオーナーである田熊さんがFacebookスレッドで「それノースマウンテンに持っておいでよ!(北山くんのところにもっておいでの意)」的なコメントをしたのが印象的だったんです。それが「キャンプ」というコンセプトに決まったことが「店名」に昇格!というわけです!ロゴはこんな感じのイメージで! 



山は右肩上がりのグラフのイメージです。「ベアはどこだ?」と田熊さんが言うのでロッテのクールミントガムみたいに雪山を登っているクマをどこからに表現しようと思います。(あれペンギンだろ)

いやー、面白くなってきた!明日はこの場所の厨房設備を使ってテスト調理をすることになりました。限定10食で11時から作りますからお近くの人は遊びに来てね!

続く

3195文字
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr