ジャーン!天吊プロジェクターです!BenQ HT2150STだよ!


ここはヒマナイヌスタジオから50mスープの冷めない距離にある MidStandTokyo!7月3日にグランドオープンする神田美土代町の新しいコミニュティスペースです!

ひょんな事でヒマナイヌスタジオにある100インチ対面プロジェクターシステムを見たい!とBenQの広報の人が取材に来てくれたんです。

そのついでに僕が進言して短焦点プロジェクター BenQ HT2150ST を導入した   #MidStandTokyo もご紹介しておこういう流れ!

お連れした時にちょうどプロジェクターを天井に設置する工事をしていました。プロジェクターを天吊にする場合はプロジェクターの底にアタッチメントをつけるのですがこれが独特なんです。

カメラの場合は三脚穴がひとつあいてるだけですがプロジェクターの底面には3つの穴があります。これが機種によってバラバラな位置にあるんです。液晶ディスプレイの後ろにあるなんちゃらマウントのように規則正しく4つ並んでいたりするのと違って「え?この3点でいいの?」みたいな感じで穴があるんですね。

ここに天吊アタッチメントを合わせていくんですがちょっとコツがいります。慣れない手つきでその金具をつけていたらなんとBenQの人が「やりますよ!」と助け舟を出してくれました!

そして無事に天吊アタッチメントがついたプロジェクターをアンカーで打った天吊棒に設置です!ここはこの場所のビルオーナーである田熊さんが自ら施工します!殿!!

そしてそこにスパイラルチューブでまとめたHDMIや音声ケーブル、電源ケーブルを接続して電源オーン!!

やた!つきました!!BenQのプロジェクターは民生機なのに業務用プロジェクターっぽいグリッドラインが出せます!これがめちゃ設置の時に便利です。

驚くことにこのグリッドラインが出せないプロジェクターばかりなんですよ!他のメーカーのものは!どうやって正確な台形補正するんだよ!みたいな。

こうして短焦点プロジェクターの設置が完了!この場所は立食で50人くらい入れるコミニュティスペースなのでスポーツ観戦や映像の上映イベントも盛り上がりそうです!

以上、  神田美土代町の MidStandTokyo からお送りしました!

(999文字)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr