昨日のロンドンの公営住宅の火事は衝撃的な映像でした。まるでミニチュアのようにビル全体が燃えている。あそこまでビル全体が火に包まれてる様子は見たことがありませんでした。70年代のパニック映画ブームに作られた「タワーリング・インフェルノ」だって今見ると控えめな炎です。



このオールスターキャストのパニック映画は「ポセイドン・アドベンチャー」と同じくよくテレビの洋画劇場で流れていたのでアラフォー以上の人は見たことがあるのではないでしょうか?

超高層ビルのオープニングパーティやってる日に手抜き工事で下の方でボヤが起こったものの最新の装備があるから大丈夫だろうとたかをくくっていたら大変なことになる!というものです。

今回のロンドンの火事も改装したばかりの外壁パネルが火の手を強めたのでは?という指摘もあり人災的な側面も追及されることは間違いありません。

すぐに地上階に出られない構造の住居に住んでいる人は今回の火事の映像は身の毛もよだつものだったと思います。耐火基準がしっかりした日本とはいえ日頃から避難経路やベランダに可燃物がないかなどチェックしておきたいものです。

以上、70年代の映画予告編からお送りしました!

(文字)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr