ヒマナイヌスタジオには100インチ対面プロジェクターがあります。これは2台のプロジェクターを使っているので同じ映像を出すためにはHDMIの映像を2分配するスプリッターが必要なんですね。これがFireTVの4Kコンテンツの場合は2Kで表示するにもHDCP2.2に対応したスプリッターじゃないと映像が出ないんです。そこでスプリッターを買い替えました!

P1210271

プロジェクターの性能を見せるのにいちばんいいコンテンツがAmazonプライムビデオにある「プラネット・イン・ブルー」です。映画だとシーンが長いし作品のトーンによって色も限られているけどこれはIMAX映画なんです。いわゆる博物館とかのシアターで流れているタイプの中編です。だから元の撮影が65mmフィルムだし海や海中や緑などいろいろな色があってプロジェクターの性能を見るには最高なんです!

P1210265

この作品はFireTVのボックス型を使うと4Kで出力できます。2Kのプロジェクターが接続されている場合はダウンコンバートされて2Kで表示するはずなんですがうちのスプリッターだとこんな警告が出るんです。ちなみにFireTVの他の作品は問題なく写るんですが4K解像度の作品だけが映らないという現象です。

P1210268

なるほどぉ〜。「HDCP2.2に対応したスプリッターじゃないからあんたのプロジェクターには映像信号を出さないよぉ〜」という警告です。といわけでHDCP2.2に対応したスプリッターに買い替え!

P1210269

左がダメだったやつ、右が今回買ったやつです。

どちらも3000円クラスの安いタイプなんですが今回はちゃんと映像が写りました。いえーい!というわけで今日からFireTVのすべてのコンテンツを問題なく100インチ対面プロジェクターで堪能できるようになりました!

以上、ヒマナイヌスタジオの100インチ対面プロジェクションシステムからお送りしました!

(文字)



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr