しかしハウリングは治らず、あとはピックアップを交換するしかない!という結論に達したのでした。

そこでピックアップを交換してみました。



結論から申し上げると、これで解決!深く歪ませてもハウリングはしなくなりました!

実は一度ピックアップを交換してもやっぱりハウリングが直らず「もう打つ手はない、、、」と悩んだことがあったのですが、夜寝てる時にふと「ひょっとしてカバーか!?」と思い当たりました。

ピックアップを交換といっても見た目を重視してカバー付きからカバー付きへ交換していたので今度はカバーの無いピックアップに交換したところヒーヒーいわなくなりました!

結論としては、ピックアップを固定している蝋が劣化してカバーの中でピックアップが揺れているのだろう、ということのようです。

いやぁ、スッキリ!
もしギターのハウリングに悩んでる方がいらっしゃいましたら一度カバーの無いピックアップに交換してみてください。

以上、ゲストライター西口が自宅からお送りしました。

(501文字)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr