NintendoSwitchが我が家に来て一週間が過ぎる。そして親ということもあり、見守りスイッチをスマホにインストールしている。

が、この見守りスイッチが、私が子どもだったファミコン時代にあったと思うとゾッとしてしまう。

まずは設定から1日に遊ぶ時間とおやすみアラームを決めることができるので設定!



うちは学童から帰宅するのが18時〜19時の間で、戻ってきて宿題(学童で終わらせる)と明日の準備をしたら食事ができるまでの間は自由行動。食事後はお風呂に入れば基本21時まで自由行動です。金曜と土曜はおやすみアラームなしで、やることやれば好きにさせてます。今週火曜は懇願されたので時間を延長しています。と、まぁ制限時間を設けてはいるのですが、トップ画面ですよ、問題は。

こうも現実に遊んだ時間を突きつけられると…。しかもご丁寧に1ヶ月毎に集計してくれるとは残酷です。

でも、まぁ、あればやりたいし、多少オーバーしてもブチっと切断することはないかな。

しかし、結局のところ個人アカウントと紐付けではなく、本体と紐付いているので姉弟のどちらがどれだけやったかは定かではありません。そこが見守りスイッチの弱点です。

以上、一週間やりこみのリビングよりお伝えしました。(519文字数)




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr