いつもイライラする瞬間があるんです!それはタクシーに乗った時の後部座席のシートベルトをつける時です!

後部座席には3人座れるからシートベルトも3組あるわけですがいちばん左の席のシートベルトをハメる金具の横に真ん中の席のシートベルトをハメる金具があるんです。これ互いに合ってないとハマらないんですが、なぜか真ん中の席のシートベルトの金具の方が出ているんです。

いちばん乗るのは左の席なのにその金具はすごい引っ込んでるんです!これ引き出そうとしても埋まったまま。

よく間違えてハメようとしてしまいイライラします!(え?お前アホなのかって?)


これはクラウンコンフォートのシートベルトですがよく見ると左のシートベルトは黒いんです。真ん中はグレーなんですね。色分けはされてるんです。

でもこれ夜とか見えないんですよ!そもそもなんで左のシートベルト受けがあんなに引っ込んでるんだよ!!!と思います。

こんな感じでタクシー会社によっては黄色いシールを貼ってあったりするんですがきっと「シートベルトをお願いします」「シートベルトがハマらないです!!」「お客さん、もう片方の方です」「え?どこ?わかりにくいなー!」という会話がたくさんあったんでしょうね。それで「シール貼るのはどうだろう?」みたいな。

某コンビニのカッコよすぎるコーヒーメーカーに店ごとの様々な補足テプラが貼られた現象を思い出します。

これもそもそものデザインをメーカーが見直さないから現場が混乱している事例のひとつではないでしょうか?

以上、日本のタクシーからお送りしました!

(671文字)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr