5年前の今日、沖縄に引っ越してきました。
あっという間だったような、長かったような5年間でした。

引っ越してきたその日の部屋は何もなくガランとしていて、それだけでなんだか不安な気持ちになったものです(笑)


この時4歳だったユイは広い部屋ではしゃいでました(笑)

引っ越し荷物は船便で送ったので1週間はかかるため、この何もない部屋でしばらく暮らしました。でも布団だけは必要だろうとレンタカー借りてニトリに買いに行ったんですよね。

その帰りに見かけた沖縄そば屋さんに入って夕食にしたのですが駐車場にクルマを駐めた時にザーッとかたぶいに遭ってびしょ濡れになってお店に入ったのを覚えています。
かたぶいとは所謂スコールでそこだけでザーッと降る激しい雨のことです。

そこで食べた沖縄そばも美味しかったのですが、その定食に付いていたポーク玉子というのを初めて聞いたので「どんな料理なんだろ?」と楽しみにしていたら、ポーク(ランチョンミート)と玉子焼きが並んでるだけでズッコケました(笑)

そこから、沖縄ならではの文化を知る度に感心したり楽しんだりしてきました。

5年暮らすと沖縄の良い面はもちろん、悪い面も見えてくるようになりました。

これからもhimagで沖縄の良いところも良くないなと思うところも伝えていこうと思います。

以上、ゲストライター西口がそろそろ夏の陽射しになってきた沖縄からお送りしました。

(586文字)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr