Eテレで今季話題のコミュニケーション英語を見た!トレンディエンジェルの起用も面白いけど、渡辺直美のインタビューで文科相の教科書を否定したのは痛快でした。



彼女がアメリカに行く前は、通信簿で"1"だったそうで、アメリカに行って感じたのは教科書の一番最初にある「マイネームイズゥナオミワタナーベェ!」なんて言い方はしておらず、「アイム、ナオミ」と自己紹介は軽く済ませ、単語とボディランゲージで伝えたいことを表現すると応えていたことです。

私も何度か海外経験ありますが、当時の上司から「おまえ、日本語より英語の方が分かりやすいな」と言われたことがあります。伝えたいことをシンプルに単語を駆使して伝えたからでしょうか?

コミュニケーションに文法はあまり必要ないので、この番組を通して臆さず話すことを子どもたちには伝えたいですね。今後もチェックしていきます。

以上、これから海外にいくチャンスはそう多くない立場からお伝えしました。(473文字)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr