いきなりステーキを食べまくりそれと同じレベルのステーキを家庭内で焼けるようにあらゆるスーパーの肉を買い焼きまくっているヒマナイヌ川井です!

肉質に合わせて焼き加減をコントロールしないと上手くいきません。やっぱり完全な赤身肉はむつかしいです。今回はサーロインです。

それでいきなりステーキでは付け合せの野菜はデフォルトがコーンで炭水化物ダイエッターはこれを玉ねぎに変えてもらうわけですが甘みのある玉ねぎも糖分高いじゃね?って話もありますよね。

そこでツカパー近くの閉店してしまったステーキハウス臥龍にならってもやしにしてみました!


もやしは一袋30円とめったゃ安い食材だしどこで買っても同じです!(他の野菜と違って)

肉を常温に戻してステーキシーズニングをかけてる間にごま油でもやしを炒めます。塩コショウはしません。飴色になったらそのスキレットをはずし今度は肉を別のスキレットで焼きます。

焼けた肉をカットしてスキレットの火を止めそこにさっきのもやしを戻します。余熱でまた熱くなります。


そこにカットしたサーロインを入れてフライドガーリックをかければ完成です!刻みわさびを添えて赤ワインといただきます!美味し!!


このスキレットステーキにおける野菜の役割は肉とスキレットの緩衝材なんですね。余熱が肉に伝わりにくくする。

焼きたい肉はもやしをどけてスキレットに押し付けるといい感じになります。これコーンやブロッコリーではやりにくいんです。玉ねぎはいいんだけど敷き詰める感じはもやしの方が適してます!

この方法とても気に入りました!サーロンが400円のもやしが15円のシーズニングやフライドガーリックを加えても500円くらいです!素晴らしいコスパ!

以上、自宅ステーキ研究所からお送りしました!

(773文字)




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr