マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」主催の川井です。

スイッチングの教科書はどこにあるのか?と言えばライブ番組です!ニュースだって選挙速報だってスポーツの生中継だってみんな教科書!

仕事場では複数のモニターにいろいろな映像を流しっぱなしにしているんですがMTVの中ではミュージッククリップよりライブステージの番組の方が気になります。



ミュージッククリップは編集してるけどライブステージの番組はライブスイッチングで収録されたものも多いのでカメラのアングルやスイッチングの切り替えのタイミングとか観ていてとても勉強になります。

特にステージでアーティストが予期せぬ動きをした時にそのライブクルーのチームワークが試されます。ハプニングを見事に拾うカメラとスイッチングの連携プレーを見ると野球でいうところの鮮やかなダブルプレーを見たようでスカッとしますね!

フェスなんかで盛り上がってる観客を捉えるカメラも気になります。そういうものを挟み込むことで場のグルーヴがアーカイブされるんですよね。

こうした音楽ライブの一流スイッチングで学んだことはシンポジウムやセミナーなどの地味な案件にもちゃんとフィードバックします。対談相手のリアクションや会場で熱心にうなづく観客を巧みに織り込むことでマルチカメラ収録&配信の価値を高めていきたいと思います。

以上、深夜のMTVからお送りしました!

(611文字)



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr