子どもと海外旅行に行きやすいのは3.4.5歳の時です!なぜか?

保育園や幼稚園は休んでも何ら影響ないから親が休みさえ調整できれば行きやすいからです。

この頃は子どもの世界のほとんどは家族です。小学生になると社会性が出て来るので変わってきます。だからベビーカーを卒業してトイレもしっかり自分で行けるようになる3歳から小学校入学前がまとまった日数が必要な海外旅行のベストタイミングなのです!

そして海外旅行を気軽にするコツは家族全員のスケジュールが合う日を待たないことです。

img_0338

アンコールワットは父子で行った最初の海外旅行でした。広大な遺跡をバスで周りながらたくさん歩くので4歳だと不安もあったのですが「トゥームレイダー」などを予習に見せて遺跡探検ごっこという感じで行ったらすごく楽しんでくれました。

img_4754

卒園して小学校に入学する前の春休みに行ったインドはデリーからジャイプールとアグラをクルマで合計9時間も移動するハードコアなツアーでしたが安宿を泊まりながらも高速道路を逆走してくるクルマ、人、牛などを避けながらのカルチャーギャップをぞんぶんに楽しめました。あの人の熱気と匂いはきっと一生ものの体験だったのでは?

img_0274

フリーランス的なパパに比べてまとまった休みが自由に取りにくいカタギのママですが3人で行けるタイミングではイタリアのベネチアからフィレンツェ・ローマも周りました。

ヒンズー教の妖怪チックな神様ワールドに比べるとヨーロッパはキリスト教圏なのでアダルトなムードがありますが初体験の大理石ワールドが新鮮だったようです。ウフィツィ美術館でコータが「なんでみんなちんちん出てるの?」と聞いてきたのは今でもいい思い出です。

p1560760

スペインはガウディが圧巻!

やはりサグラダファミリアは強烈です!世界遺産としてはかなり新しい部類だけどバルセロナはガウディが観光の集客をしていますよね。ふわふわの生ハムも美味しかったし市場でつまんだハムやパンも楽しい思い出になりました。

p1380377

マレーシアのボルネオは子どもと家族で行くには最高でした。

ジャングルをボートで周りながらテングザルを見つけたり小さな島で毒を持っているオオトカゲを遠巻きに見つつパラグライダーやったり現地の子どもの案内で世界最大の花であるラフレシアを見つけに行ったり、観光名所を回る他の旅行とは違った冒険感がありました。

004

初めて行ったのは3歳の時のハワイ。まだオムツが取れたばかりでベビーカーにも乗ってましたがすぐ寝てくれるのでパパとママはショッピングとかしやすかったです。

こうして保育園・幼稚園の3.4.5歳の頃はよく海外に行っていたんですが小学生に上がってからは旅行は減りました。学校行事とか友達との約束とかいろいろなことが子どもなりに出てくるからなんですね。

でもその中でも学年が変わる区切りである春休みは気分的にも旅行しやすいもの。ぜひ今しかできない家族の海外旅行でステキな思い出を作ってください!

以上、子どもと行く海外旅行大好きなヒマナイヌ川井がお送りしました!

(1623文字)


 


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr