ナ・ホンジン『哭声』


 

 娘にカーセックスを見られてしまう、しがない田舎の警察官が主人公なのだ(笑)。

 

國村隼が褌一丁で森の中を走っている映画!

私が本作について知っていたのは、それだけです(笑)。

それにしても、見終わった後、全く言葉がないですね。

お話は、「コクソン」(谷城)という韓国のかなりの田舎町で起こる不可解な連続殺人事件から始まるのですが、これの操作に当たって地元の警察官である、ちょっと太っちょのさえない中年が主人公なのが驚きですよね。

 

f:id:mclean_chance:20170320193547j:image

とにかくすさまじい現場なのだ。

 

この事件はどれもこれも異様でして、被害者の殺害のされ方も尋常ではありません。

しかし、コレが、山に1人で住みついている、得体の知れない日本人(コレが國村隼です)が関係しているのでないのか?

 

f:id:mclean_chance:20170320193731j:image

登場人物としての名前すらない國村隼。


得体の知れない日本人。という事以外は何もわからないという。。

 

という事になり始めてから、ダンダンストーリーがホントに怖くなってきます。

前半は、かなりコミカルで笑えるんですが、それが笑っていいのかどうなのかわからなくなってきて、それがやがて、全く笑えなくなってくるんですね。

 

f:id:mclean_chance:20170320193857j:image

ついに、國村隼と対峙!

 

どのようにそうなっていくのかが面白いので、一切言えませんが、一体どうなるの、このお話し。というのが最後の最後までわかりません。

 

f:id:mclean_chance:20170320193958j:image

 娘のために懸命に戦うお父さん!

 

主演のお父さんが必死で家族を守るために、戦う姿は、ものすごい熱演ですが、それを超えるのが、娘さんですよね。

韓国の子役は、ここまですごいのか!と心底驚きました。

そして、ホントにコワい國村隼!!!

 

f:id:mclean_chance:20170320194056j:image

中盤の山場ですが、何のシーンかは言えません!

 

この映画、多分、世界の主要な映画祭の賞をかなりとりそうですが、國村隼とこの女の子は間違いなく受賞ものです。

 

f:id:mclean_chance:20170320194222j:image

この前半に出てくる女性が後に重要になってきます。

 

それにしても、脚本がべらぼうにすごです。

2時間半にも及ぶ大作を全く飽きさせずに見せてしまう力量は、並外れています。

 

f:id:mclean_chance:20170320194329j:image

 何のシーンなのかは言えません!

 

度肝を抜かれる映画。という映画で、私の中では『地獄の黙示録』というのがあるんですが、コレを超えてしまった映画を私は、この1ヶ月で2つも見てしまいました。

1つが『バンコクナイツ』ですが、今ひとつが本作です。

もうラストは、え?え?え?え?えーっ!?の連続で、もう言葉が追っ付きません!

韓国映画は今、世界高水準に達しているのではないのか?とすら言いたくなるような、驚天動地の作品。

 

f:id:mclean_chance:20170320194433j:image

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr