子育ては16年から22年くらいかかる人生の一大プロジェクトですね!

でも実は無邪気に可愛い!守ってあげなきゃ!心の優しい子になって欲しい!と牧歌的に思えるのは生まれてから6年くらいだったりします。

これは女のコと男のコで大きな違いがあると思います。言語能力の発達が男のコよりはるかに早い女のコは幼稚園児でもOLの給湯室とさして変わらないトークをしていて驚かされます。

一方同じ頃の男のコはうんこ!ちんこ!ゴリラ!とか叫びながら遊んでいるというこれまたおっさんと変わらないアホっぽさです。どちらも家庭以外の社会に触れてコミュニティを理解して来ると家庭では見せない側面が育ってきます。

うちの場合は今ちょうど小3を前にした8歳なんですが幼さは消え少年の顔になってきました。不思議なことに他人の子供を見ると将来はこんな顔になるんでろうな!と予想できるのに自分の子供だけはこの想像が出来ない!自分のDNA入ってると勘が鈍るんでしょうか?

これは5歳の頃にキッザニアに連れて行っていた時の写真ですが何を見てもキラキラした好奇心旺盛な目で親として心洗われていた時期です。



昨夜は久しぶりに父子で野方の呑み屋に行ってサシ飲みしてたんですが食事が出て来る前に「ねぇ!ヒマ!何してればいい?」と言うので「じゃあおしゃべりしよう!学校で何か悩んでることはない?」と聞いたら「ない!」「じゃあ学校で楽しいことは?」と聞いたら「ない!」「じゃあパパと話したいことは?なんかある?」と聞いたら「ない!」とつれない塩対応です。。


まぁ、お腹減ってる時に何を聞いても子どもというのは不機嫌なものなので何ら気にしないのですが親を拒絶していくフェーズに入って来るんだなぁーと正常な成長に胸をなでおろしつつ親子べったりな蜜月時代も終わったんだなぁ〜と薄いハイボールでもすっかり酔っ払ってしまいました。

これから産む人、育てる人、初めてのことでバタバタすると思いますが意外とあっという間に幼少期は終わります。

仕事の付き合いなんて優先せずに子どもの成長をしっかり見守って楽しんでください!僕はかなり長い時間を幼少期のコータと一緒に過ごしたし父子でアンコールワットやタージマハールも見に行ったから悔いはありません!

自分で見聞きした体験をベースにしっかり自分らしい人生を歩んで行って欲しいと思います。

以上、アラフィフ親父の感傷的なコラムをお届けしました!

(1029文字)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr