こんにちは。ボストンの中川です。

ロサンゼルスでは、オーラがあるか、ないかで、得したり、損したり、するみたいです。

先日のLA訪問時、舞台美術の先生と
入場するだけでも二週間前から
予約しないと入れない
The Broad (ブロード美術館)に行きました。

当日券の場合は
1時間くらい待たないと入れないので
待ってやっと入場。

大人気の展示があって
さらに、登録して待つことに。
午前中に登録しても、
午後5時にしか見れないことに
なってしまいました。

美術館を一通りみて、
ランチでも、とりあえず食べようと
レストランに行くとこちらもいっぱい。

少し待って席に着き、
オーダーして待っていると
少し離れた席で
お誕生日会をして
盛り上がっている席があり、
拍手したり、わーと歓声があがったり
してました。

すると、
店員さんが、するするっと
先生のところにきて
「うるさくて申し訳ありません。
ご迷惑をかけた、お詫びにドリンクを
サービスさせていただきます」と
言ってきました。

先生は、主にNYの舞台、テレビのデザインを長くしてた方ですが、
有名人ではない。

しかし、独特な話し方は
隠そうとしても、どうみても、業界人。
しかも、おじいさんときてます。

穏やかなみかけで、
実際に怒ったりあまりしない方で、
全く、気にしてもいなかったのです。
とはいえ、
業界人の偉い人認定を受けたのでしょう。

おそらく、
業界人の人に後からクレーム言われたり
変な噂をたてられたりすると
ビジネスに影響するから
事前に防ぐ教育がされてるのだと
思います。

オスカーの週だったし。

結局、ドリンク、本当に
無料になりました!

で、
ランチが終わってから
時間が余ってしまって
先生は、一度、外に出てから
また、戻れないかもしれないから
登録をグループ登録ではなく
個別登録に変えてもらおうと
展示の入り口に聞きに行きました。

すると
「今、入っちゃっていいですよ」
と、言われ、4時間待たずに、
見れちゃいました。

えっ?
何この待遇!
あっ、先生のオーラだ!

若い綺麗な女性が優遇されたりするのではなく
業界に、人生を捧げてきた先生みたいなおじいさんをちゃんと見極めて、優遇するって。
(真相はわからないけど)

さすが、LAだと、
ミーハーに感心した次第です。

オーラは大事だわ。
まぁ、先生は気取ったところも
威張った感じも、ゼロな方ですから
本物のオーラなんだろうな、、。

残念ながら
一昼夜で手に入るものではないですが。

てなわけで、
ボストンに留学中の中川が、お届けしました。













The Broad
2015年 9月に、ロサンゼルス、ダウンタウンにオープンした現代美術館。遠くからも、目をひく建築デザイン。二階は、天井からの太陽光がはいり、柔らかな明るさの元、鑑賞できる。
不動産大富豪が、建てた美術館で、なんと、入場無料。




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr