深作欣二『仁義の墓場』

 


 

『仁義なき戦い』の大ヒットを受けて作られた、東京実録ヤクザ作品。

戦後の闇市(ここでは新宿の闇市です)を舞台とするヤクザの抗争であり、キャスティングも一部かぶります。

しかし、本作が『仁義なき戦い』ほど持ち上げられないのは、今ひとつキャラクターの魅力に欠ける事と、ユーモアやギャグの要素が入り込む余地のないガチすぎる展開が、どこか潤いが不足している事ですね。

 

f:id:mclean_chance:20170227120706j:image

GHQからの物資を闇市に横流しして儲けようとするハナ肇

 

『仁義なき戦い』のハードな部分をグッと濃縮したようで、今見てもかなりキツめです。

菅原文太演じる広能は、金子信雄を殺そうとはしませんが、本作の
渡哲也は、親分であるハナ肇に重傷を負わせて服役し、刑務所内でも命を狙われるという、容赦のない展開です(実際の石川力夫がそういう人物だったんですね)。

 

f:id:mclean_chance:20170227120903j:image

潜伏先の大阪で、ヘロイン中毒となる渡哲也。

 

また、主人公がヘロイン中毒で荒みきっている、破茶滅茶な人物なので、バイオレンスシーンが凄まじいですよね。

人によっては、『仁義なき戦い』よりもこっちがいいという人もいるでしょう。

私は、「広島死闘編」が好きなので、どうしても本作を行き過ぎと感じてしまうのですが。。

渡哲也は、撮影中にかなり体調を崩してしまい、その顔色の悪さがそのまんま画面に映っているのもこわいですね。

ラウォール・ウォルシュ『白熱』のような、一切の情緒を拒絶したような作品です。

 

f:id:mclean_chance:20170227121006j:image

 誰1人として感情移入できる人物がいないという凄さ。。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr