最近、おじいちゃんや
おばあちゃんの腕を
握ったことありますか?

個人差はありますが、ギュッと握ったり、ちょっと爪が引っかかったりでもしたらあっという間に血が滲みます。

特に洋服やパジャマの着替えを支援するときは気をつけなければなりません。分かっていても、はっ!となってしまう時があります。

だから肉球で持つよう心がけます。

爪は立てずに「て」の字の曲線部分で柔らかく包むように。もちろん爪はスクエアカットで。

以上、猫の手も借りたい認知症介護の現場からお伝えしました。(228文字)

※himagはゲストライター制を始めました!月間10万PVのhimagに時々何か書いてみたいという方はお気軽に連絡下さい!