LiveShell Xは同時に3ストリーム出せる便利なハードウェアエンコーダーだが前の設定が残っていると次の配信に支障をきたす可能性がある。コントロールパネルの上のタブがこのように「配信設定なし」になっていれば問題ない。

P1160651

これは設定のドロップダウンメニューのいちばん下にある「配信設定なし」を選択する。

P1160652

そこで重要なのは「配信設定なし」を「配信先に設定する」ことである。日本語的におかしいのだがWindowsの終了がスタートメニューから入るようなものだと思えばいい(なんのこっちゃ)

P1160653

ここで「次回からはこのサービスに配信されます」の黄色い帯の下に「このチャンネルから配信しない。」が表示されればどのサービスにも配信されない。(ややこしい)

さらに先日の現場で肝を冷やした(わかってる人も言及しなくてよろしい)テロップリセットが重要だ。LiveShell Xでテロップを出した場合にそれはサーバーにキオクされている。テロップが設定されていると「配信中のテロップを削除」というボタンが表示されているはずである。これを押してクリアしておくのが大切。配信おわりにこれら「配信先」と「テロップ」のリセットを行うことを指差し確認しておきたい。

P1160654

このようにテロップが設定されていないコンパネは「配信先のテロップを削除」というボタン自体が表示されない。

P1160655

以上、ツカパー101からお送りしました!
(文字)