マルチカメラ収録&配信チームLiveNinja主宰のヒマナイヌ川井です。

LiveNinjaの料金体系はワンマンで行うベストエフォート型のエコノミークラス、各パートを選任スタッフがクオリティコントロールするビジネスクラス、構成や演出、美術、照明に至るまで作り込むファーストクラスがあります。

大学の講義やちょっとしたカンファレンスはエコノミークラスで対応することが多いのですが機材は極力コンパクトにしてタクシーのトランク容量をベースに組み上げます。


タクシーといっても何でもいいわけではありません。トランクが狭いプリウスや開口部の位置が高すぎるセドリックなどは除外します。クラウンコンフォートのトランクに最適化した機材構成にするのです。

都内ではタクシーを機材車にするのが最高の機動性を発揮します。ツカパーの近くにトランクルームを借りてあってそこを機材庫にしてるのですが山手線内であれば1000円から3000円でどこにでも移動できます。ワンマンの場合は機材を下ろして駐車場に止めに行くなども時間のロスになります。サッと降りてすぐに現場入り出来るタクシーがコスパ共に最高です。

今回は4カメにスライドの5ソースによるマルチカメラ収録です。小さなカメラを様々なアングルで設置して2つの7型モニターでマルチビューとプログラムアウトを表示します。

リモート雲台を使うことで動きながら話す講師の姿もスイッチングしながら片手でカメラを操作します。

ワンマンによるマルチカメラ収録は自分がカメラマンでもありサウンドミキサーでもありスイッチャーでもあります。常に全てに気を配りながらそのセッションのグルーヴがもっとも伝わる動画にライブでスイッチングしていくのです。

以上、新橋からお送りしました!

(759文字)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr