映像業界の価格破壊王であるブラックマジックデザインが怒涛の新商品発表を行いました。朝の価格が昼に変わり夜に変わりのドタバタぶり!しかし即ポチった人にはもう商品が届いたようです。LiveNinjaのプロデューサーである駿河さんもそのひとり。納品されたばかりのTVSをツカパーでライブ配信しながらいじりたおしてみました!



そのファーストインプレッションを箇条書きでお伝えします。

・電源ケーブルは入っていません。3ピンの電源コード自分で用意する必要があります。
・本体は小さくデンスケとかのオーディオ機器っぽい感じです。
・ファンの音は小さいです。ただし1入力しか繋がなかったのでフル入力時は不明です。
・本体の液晶の色は正確ではありません。常にPGMが表示されます。
・HDMI出力はマルチビューのみ。PGMは1系統でHD-SDIのみ。
・AUXはHD-SDIで1系統のみ。
・本体ボタンでプレビューからCUT/AUTOでスイッチング可能です。
・本体のダイヤルでPCのソフトウェアでやれることはすべて可能です。
・PinPやDVEを使ったスプリットも可能で本体ボタンでも切替えられます。
・本体に8系統のオーディオのオンオフダイレクトボタンがついています。 
・電源ボタンはありません。コンセントに入れると起動し抜くとオフです。
・メディアプールの画像の名前は日本語で12文字まで本体液晶でも確認できます。



PinPやスプリットが出来なかったこれまでのTVSとは違い1M/Eに近づいている印象です。 制御ソフトウェアは7.0となり使い勝手もあがっています。8入力なのに安いしライブ配信している人は買わない理由がありません。これらの様子はこちらのアーカイブで確認できます。1時間あたりからメニュー項目をぜんぶ見ていますのでご参照下さい。



以上、ツカパー101からお送りしました!

(807文字) 

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr